...
2019年6月14日
HALF TIME編集部

【イベント開催 7/9(火)】Global Sports Business Conference 2019 presented by HALF TIME 

HALF TIME初のカンファレンスが、2019年7月9日(火)に、東京・六本木アカデミーヒルズで開催。「アジア・日本のスポーツビジネスの現状と可能性」をテーマに、グローバル・スポーツにおけるアジアの台頭や、変化が求められる日本のスポーツ業界など、スポーツビジネスの現状と可能性を、第一線を行く業界リーダーたちが議論する。

■7月9日(火)、世界で活躍するスポーツビジネス・パーソンが東京に集結

HALF TIMEでは、初となるカンファレンス・イベント「Global Sports Business Conference 2019 presented by HALF TIME」を、2019年7月9日(火)に、東京・六本木アカデミーヒルズで開催する。

 

カンファレンスのテーマは「アジア・日本のスポーツビジネスの現状と可能性」。グローバル・スポーツにおけるアジアの台頭や、変化が求められる日本のスポーツ業界など、スポーツビジネスの現状と可能性を、第一線を行く業界リーダーたちが議論する。

 

プログラムは、①「海外スポーツ最前線から見るアジアと日本スポーツの可能性」、②「なぜ企業はスポーツ・スポンサーシップに投資するのか?」、③「日本にプロのスポーツビジネスパーソンが必要な理由」。登壇者は、メルカリ取締役社長兼COOの小泉文明氏、日本フェンシング協会会長の太田雄貴氏、Bリーグ常務理事・事務局長の葦原一正氏などで、国内外で活躍するスポーツ組織やスポーツ・スポンサー企業の代表者が、パネルディスカッションで一堂に介す。

 

チケットは一般3,000円(税込)で、現在Peatixで発売中。カンファレンスのスポンサーには、スペイン・サッカーリーグの「LaLiga」が決定している。

 

HALF TIMEは、スポーツ業界の専門メディアと求人情報・採用支援サービスを統合したプラットフォームとして、今年5月にβ版を提供開始。7月にはサービスの本格ローンチを迎え、本カンファレンスなども通して、スポーツビジネスに関する「情報」と「人材」の新たなプラットフォームとなることを目指している。

 

 

■当日プログラム・登壇者

 

15:00-15:10 オープニングスピーチ「HALF TIMEローンチの狙い」

磯田 裕介(Beyond Global Recruitment代表取締役)

 

15:15-16:00 パネルディスカッション①「海外スポーツ最前線から見るアジアと日本スポーツの可能性

岡部 恭英氏(TEAMマーケティング ヘッド・オブ・アジアセールス)

秦 “アンディ” 英之氏(ONE チャンピオンシップ・ジャパン社長)

 

16:10-16:55 パネルディスカッション②「なぜ企業はスポーツ・スポンサーシップに投資するのか?」

小泉 文明氏(メルカリ 取締役社長兼COO)

渡邉 和史氏(日本コカ・コーラ 東京2020オリンピック&エクスペリエンシャルマーケティング統括部長)

堀 弘人氏(楽天 グローバルスポンサーシップオフィス)

 

17:05-17:55 パネルディスカッション③「日本にプロのスポーツビジネスパーソンが必要な理由」

太田 雄貴氏(日本フェンシング協会会長/国際フェンシング連盟副会長)

葦原 一正氏(Bリーグ 常務理事・事務局長)

鈴木 啓太氏(AuB 代表取締役/元サッカー選手)

 

※登壇者は予告なく追加・変更となる場合があります。最新の登壇者情報はPeatixをご確認ください

 

 

■イベント概要

 

日時:2019年7月9日(火) 15:00-18:00(14:30受付開始)

会場:六本木アカデミーヒルズ (東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

定員:150名

主催:HALF TIME(運営会社:Beyond Global Recruitment株式会社)

スポンサー:LaLiga

チケット販売:Peatix https://globalsportsbusinessconference.peatix.com/

Facebookイベントページ:https://www.facebook.com/events/463991430841206/

 

 

※プログラムタイトル(パネルディスカッション①)を更新 [2019/6/19]

HALF TIME編集部
HALF TIME編集部

ビジネスパーソンの「次のアクション」に向け、スポーツビジネスに関するインタビュー記事、国内・海外ニュースをお届けします。

Recommend

【イベント開催 7/9(火)】Global Sports Business Conference 2019 presented by HALF TIME

2019年6月14日

【イベント開催 7/9(火)】Global Sports Business Conference 2019 presented by HALF TIME

HALF TIMEでは、初となるカンファレンス・イベント「Global Sports Business Conference 2019 presented by HALF TIME」を、2019年7月9日(火)に、東京・六本木アカデミーヒルズで開催する。   カンファレンスのテーマは「アジア・日本のスポーツビジネスの現状と可能性」。グローバル・スポーツにおけるアジアの台頭や、変化が求められる日本のスポーツ業界など、スポーツビジネスの現状と可能性を、第一線を行く業界リーダーたちが議論する。   プログラムは、①「海外スポーツ最前線から見るアジアと日本スポーツの可能性」、②「なぜ企業はスポーツ・スポンサーシップに投資するのか?」、③「日本にプロのスポーツビジネスパーソンが必要な理由」。登壇者は、メルカリ取締役社長兼COOの小泉文明氏、日本フェンシング協会会長の太田雄貴氏、Bリーグ常務理事・事務局長の葦原一正氏などで、国内外で活躍するスポーツ組織やスポーツ・スポンサー企業の代表者が、パネルディスカッションで一堂に介す。   チケットは一般3,000円(税込)で、現在Peatixで発売中。カンファレンスのスポンサーには、スペイン・サッカーリーグの「LaLiga」が決定している。   HALF TIMEは、スポーツ業界の専門メディアと求人情報・採用支援サービスを統合したプラットフォームとして、今年5月にβ版を提供開始。7月にはサービスの本格ローンチを迎え、本カンファレンスなども通して、スポーツビジネスに関する「情報」と「人材」の新たなプラットフォームとなることを目指している。     ■当日プログラム・登壇者   15:00-15:10 オープニングスピーチ「HALF TIMEローンチの狙い」 磯田 裕介(Beyond Global Recruitment代表取締役)   15:15-16:00 パネルディスカッション①「海外スポーツ最前線から見るアジアと日本スポーツの可能性」 岡部 恭英氏(TEAMマーケティング ヘッド・オブ・アジアセールス) 秦 “アンディ” 英之氏(ONE チャンピオンシップ・ジャパン社長)   16:10-16:55 パネルディスカッション②「なぜ企業はスポーツ・スポンサーシップに投資するのか?」 小泉 文明氏(メルカリ 取締役社長兼COO) 渡邉 和史氏(日本コカ・コーラ 東京2020オリンピック&エクスペリエンシャルマーケティング統括部長) 堀 弘人氏(楽天 グローバルスポンサーシップオフィス)   17:05-17:55 パネルディスカッション③「日本にプロのスポーツビジネスパーソンが必要な理由」 太田 雄貴氏(日本フェンシング協会会長/国際フェンシング連盟副会長) 葦原 一正氏(Bリーグ 常務理事・事務局長) 鈴木 啓太氏(AuB 代表取締役/元サッカー選手)   ※登壇者は予告なく追加・変更となる場合があります。最新の登壇者情報はPeatixをご確認ください     ■イベント概要   日時:2019年7月9日(火) 15:00-18:00(14:30受付開始) 会場:六本木アカデミーヒルズ (東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階) 定員:150名 主催:HALF TIME(運営会社:Beyond Global Recruitment株式会社) スポンサー:LaLiga チケット販売:Peatix https://globalsportsbusinessconference.peatix.com/ Facebookイベントページ:https://www.facebook.com/events/463991430841206/     ※プログラムタイトル(パネルディスカッション①)を更新 [2019/6/19]

北海道スポーツビジネスサミット、7月13日(土)に小樽で開催

2019年6月7日

北海道スポーツビジネスサミット、7月13日(土)に小樽で開催

2018年9月の新潟を皮切りに、福岡、東京、札幌・旭川など全国各地で開催され、「スポーツを文化に」をミッションに全国で広がる「スポーツビジネスサミット」。北海道では、2019年7月13日(土)に小樽市内で、昨年に引き続き2回目となる「北海道スポーツビジネスサミット」が開催される。   チケットは現在Peatixで発売中。リターンが得られるクラウドファンディングも実施している。トークセッションの参加費は学生1,500円、一般3,000円(全て税込)から。   地元北海道からの登壇者は、プロ野球・北海道日本ハムファイターズ 広報部の笹村寛之氏、カーリングチームのロコ・ソラーレ代表理事の本橋麻里氏、バレーボール・株式会社VOREAS(ヴォレアス北海道)代表取締役の池田憲士郎氏など。   また、Bリーグ常務理事・事務局長の葦原一正氏、UEFAチャンピオンズリーグ専属代理店TEAMマーケティングの岡部恭英氏など、スポーツビジネス界の業界リーダーも登壇する。スポーツの地域へのインパクトやスポーツを通した地域活性化などについてトークセッションを行う。     ■「北海道スポーツビジネスサミット in 小樽」概要   【登壇者】 本橋 麻里氏(一般社団法人ロコ・ソラーレ 代表理事) 鈴木 啓太氏(元サッカー選手/Aub株式会社 代表取締役) 池田 憲士郎氏(株式会社VOREAS 代表取締役) 笹村 寛之氏 (株式会社北海道日本ハムファイターズ 広報部 SCグループ長) 葦原 一正氏(Bリーグ常務理事・事務局長) 福田 拓哉氏(九州産業大学 准教授・博士(経営学)) 岡部 恭英氏(TEAMマーケティング ヘッド・オブ・アジアセールス) ※登壇者は予告なく変更となる場合があります   【タイムテーブル】 13:30-13:40 オープニングスピーチ 13:40-14:35 トークセッション①スポーツの影響力:地域にプロ・アマスポーツができる意味 14:40-15:35 トークセッション②地域活性から考える「ローカル×スポーツ」の可能性 15:40-16:35 トークセッション③スポーツビジネスの最前線 :世界と日本の違い(スポンサー、キャリア、教育などの観点から) 16:35-16:55 質疑応答   【イベント概要】 日時:2019年7月13日(土) 13:30〜17:00 会場:小樽運河プラザ3番庫(〒047-0031 北海道小樽市色内2-1-20) 定員:150名 主催:北海道スポーツビジネスサミット実行委員会、北海道経済産業局、SpoPla北海道 スポンサー:ほのかグループ メディアパートナー:HALF TIME 公式ウェブサイト:http://www.s-verde.com/otaru-sbs/