ワールドカップのWEB配信|安全に快適に視聴するためのポイントを解説!

「ワールドカップを観戦したい」「ネットで見られるところはないのかな」そんな方のために、ワールドカップのWEB配信について解説しています。

  • ワールドカップとネット配信の関係
  • ロシアワールドカップでの実績
  • なでしこジャパンの活躍をネットで見るには

といった観点で記載しています。これらの情報はワールドカップの観戦に役に立つ内容となっていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2018年のワールドカップロシア大会のweb配信視聴数は?

2018年に開催されたロシアワールドカップ。テレビでは高視聴率を記録し、WEB配信の閲覧者数も多数となりました。

実際に、ワールドカップ特設サイトへの訪問者数は、671万人を超えていました。ちなみに、ピョンチャンオリンピックの公式サイトへの訪問者数は、506万人。世界最大のスポーツの祭典よりも、多くの訪問者を記録したのです。

さらに、youtubeに投稿されているハイライト動画は、日本対ベルギー戦の再生回数が400万回を超えるなど、注目度の高さがうかがえます。

そして、NHKのTwitterに配信されているドイツ対韓国の動画は、115万回再生を記録し、日本戦以外の試合でも再生数が伸びているのです。

ちなみに、テレビの視聴率をみると、決勝の視聴率が前半16.9%、後半13.8%を記録。日本国内における、ワールドカップの注目度の高さが分かる結果となりました。

ロシアワールドカップは、日本戦のみならず海外の優秀なチーム同士の試合にも、大きな注目が集まった大会だったのです。

ワールドカップのweb配信はどこで観れるの?

開催されれば、オリンピックよりも注目を集めることもある、ワールドカップ。ネットで見るには、主に3つの方法があります。

  • NHKのテレビ同時放送
  • 民法運営のTVer
  • 有料のJスポーツオンデマンド

の3つです。詳しく紹介します。

テレビと同時放送!安心安全のNHK

1つ目は、NHKのテレビ同時放送です。ロシアワールドカップでは、インターネットとテレビを、同時配信する取り組み「試験的提供A」が実施されました。

大会を通して視聴された回数は、約192万回。日本代表の初戦、コロンビア戦が59.8万回。日本の決勝トーナメント進出が掛かった、セネガル対コロンビア戦が36.9万回、決勝トーナメント1回戦のベルギー戦が、34.8万回を記録しています。

上記の試合の他にも、合計24試合を配信しました。公共放送のNHKが配信したこともあり、大きな人気を集めたといえるでしょう。

民放運営のTVerでは、ハイライト映像と生中継配信

公共放送のNHKがワールドカップを大々的に取り上げましたが、民放もそれに続きました。民放各局が運営する見逃し配信サービス、TVerでは、ワールドカップ特別ページを設置。全試合のハイライト配信はもちろん、一部試合での生放送配信も行いました。

当初は、「エジプト対ウルグアイ戦などの一部試合のみを配信」となっていましたが、しっかりと日本戦も配信しました。

ちなみに、TVerで日本戦が配信されたのは、セネガル戦とポーランド戦。民放が放送した試合です。初戦のコロンビア戦はNHKがテレビ放送したため、ネット放送もありませんでした。

つまり、民放が放送する試合はTVerで、NHKが配信する試合は、NHKのネットサービスで配信されると言う風に、分かれていたのです。

有料サービスで見るなら

「NHKや民放のサービスもいいけど全試合みたい」「ワールドカップだけではなくサッカーに興味が湧いた」という方は、有料サービスのJスポーツオンデマンドがおすすめです。

有料サービスなので、全試合配信はもちろん、見逃し配信も実施されているので、最初から最後まで他の試合も見たい方や、より細かく見ていきたい方におすすめのサービスです。

ワールドカップは、日本戦であれば確実にテレビで放送されます。しかし、テレビのない環境にいる場合や、家族が他の番組を見ている場合には、こうしたネット配信を上手に活用し、ワールドカップ観戦を楽しんでください。

FIFA女子ワールドカップなでしこジャパンのweb配信はある?

FIFA女子ワールドカップでの、なでしこジャパンの試合のWEB配信は、リアルタイム観戦が可能なものとしては、Jスポーツオンデマンドのみでした。

Jスポーツオンデマンドは、あらゆるスポーツを網羅しています。もちろん、なでしこジャパンの試合も、全試合中継されていました。

サッカー&フットサルパックに入会すると、世界中のサッカーやフットサルが、男女問わず見放題になります。世界で行われているリーグ戦や、日本のJリーグも楽しみたいという方は、加入してみてはいかがでしょうか。

このように、まだまだ男子と比べると、取り上げるメディアが少ないのが実情の女子ワールドカップ。しかし、生配信以外であれば、ハイライトなどを無料配信しているところはあります。

FIFA女子ワールドカップなでしこジャパンの試合を無料で観るには?

ネットでは、なでしこジャパンの活躍を、フルで無料配信しているところはありませんでした。しかし、ハイライト映像の配信は無料で視聴可能です。また、テレビでは、しっかりと放送されていました。

テレビでは放送

女子ワールドカップを放送していたテレビ局は、NHKと、フジテレビです。テレビが見られる環境であれば、こうした大きな大会は、テレビで見るのがベストかもしれません。テレビがない環境の場合は、スマホで見られるTVチューナーなども選択肢に入れるとよいでしょう。

ちなみに、2つの局で放送はされていましたが、ネット配信などは行われませんでした。男子の試合を配信するのであれば、女子の試合も配信するべきだという声もあります。

ハイライトなら見られるところもある

試合の全ては無料配信していませんでしたが、注目シーンのハイライトであれば、無料配信しているところもあります。

例えば、NHKオンラインでは、日本代表関連動画だけではなく、決勝トーナメントの注目シーンを配信しています。充実したコンテンツで、女子サッカーファンにはたまらない内容となっています。

また、youtubeに創設されたFIFA TVでは、ワールドカップ女子大会のほとんどの試合のハイライトを配信。スタジアムが熱狂したシーンをもう一度見ることが出来ます。世界大会の熱狂を、あとから思い出すこともできるのです。

無料の配信サイトはありませんが、ハイライトシーンであれば現在も視聴可能です。是非一度ご覧になって、女子ワールドカップの熱狂と興奮を味わってみてください。

海外の無料視聴サイトは危険がいっぱい

「ワールドカップ ネット配信」などで検索すると出てくる、海外の無料視聴サイト。ワールドカップに限らず様々なスポーツ中継が無料で見られると宣伝されています。ですが、そういった無料サイトは、デメリットがたくさんあります。

まずはセキュリティの問題です。海外の無料サイトには、パソコンに深刻な影響を及ぼすウイルスソフトを、ばらまくサイトもあるのです。無料で見ようとして、高いパソコンが壊れてしまっては意味がありません。

さらに、海外の無料サイトでの視聴は、画像が荒くサイトが重いため、きちんと見ることが出来ないこともしばしばです。肝心なシーンで「読み込みマークがぐるぐる」となっては、視聴できてもストレスとなってしまいます。やはり海外の無料サイトでは、快適な視聴は難しいのです。

そして、広告が多いというのもデメリットです。無料の配信サイトは、広告によって収入を得ています。無料で見せる代わりに、広告をたくさん配置し、収益を出そうとしているのです。場合によっては、広告が重すぎてきちんと見られないということもあります。

以上に挙げたようなデメリットがあるので、海外の無料サイトはおすすめできない以上に、デメリットのほうが大きいと言えるのです。

まとめ

ワールドカップをしっかり見るには、大手の配信会社が運営しているサイト、または有料配信サイトで観戦するのが無難でしょう。

また、テレビでの観戦もおすすめです。高揚感と緊張感を味わうためには、しっかりとした配信元で見るのが一番なのです。

海外の無料配信サイトなどでの観戦も可能ではありますが、快適にみられないばかりか、ウイルスソフトに感染してしまうこともあります。

男子、女子に関わらずスポーツ観戦は、きちんとした媒体で見るようにしましょう。

(TOP 写真提供 = Sergey Mikheev / Shutterstock.com)


《参考記事一覧》

ロシアW杯のNHKネット配信は視聴者数191万。最多は日本×コロンビア(AV watch)

サッカーW杯試合日程と放送・配信されるチャンネルまとめ(instabase)

【女子サッカーワールドカップ2019】動画の無料見逃し配信やスマホで生中継を視聴する方法まとめ(マッシュアップワーママブログ)

FIFA女子ワールドカップ(NHK)

FIFA TV(NHK)

 
最新の
スポーツビジネス情報を
お届けします。
HALF TIME 無料会員登録特典

・イベント先行案内
・最新スポーツビジネス情報
・スポーツ関連プロジェクト求人案内

HALF TIME 無料会員に登録