FC今治が次世代リーダー育成プログラムをスタート。事業創造と社会変革に挑む若者を募集

元サッカー日本代表監督の岡田武史氏が会長を務め、愛媛県今治市をホームタウンとするFC今治は、NPO法人ETIC.とともに、次世代リーダー育成プログラム「Bari Challenge University×774-nanashi-」を開催する。

クラブの運営会社である今治.夢スポーツは、「次世代のため、物の豊かさより心の豊かさを大切にする社会創りに貢献する」を理念に掲げ、野外教育事業や環境教育事業、「里山スタジアム」プロジェクトを推進している。2016年以降は地域課題の解決に向けたアイデアを創出する「Bari Challenge University」を通して若者に活躍のきっかけを提供してきた。

今回は、ETIC.とスペイン・バスク発の起業家教育プログラムが共同プロデュースする「774-Field Learning」とコラボレーションし、ビジョンと実行力、自律性を持った社会変革リーダーの育成を目指したプログラムを実施する。

プログラムは2022年3月25日から27日に今治市で行われる合宿を皮切りに、5月29日までの約2ヶ月間、リアルとオンラインのハイブリッド形式で開催される。商品やサービスを開発して売上15万円をつくるという目標とともに、顧客や社会との対話を積み重ねて社会変革のシナリオを描くことをゴールにする。

一次募集のエントリー締切は2月13日(日)。詳細はFC今治の公式noteから確認できる。

https://imabari-yume.me/n/nf302246c6808

 
最新の
スポーツビジネス情報を
お届けします。
HALF TIME 無料会員登録特典

・イベント先行案内
・最新スポーツビジネス情報
・スポーツ関連プロジェクト求人案内

HALF TIME 無料会員に登録