【イベント開催 7/9(火)】Global Sports Business Conference 2019 presented by HALF TIME 

7月9日(火)、世界で活躍するスポーツビジネス・パーソンが東京に集結

HALF TIMEでは、初となるカンファレンス・イベント「Global Sports Business Conference 2019 presented by HALF TIME」を、2019年7月9日(火)に、東京・六本木アカデミーヒルズで開催する。

カンファレンスのテーマは「アジア・日本のスポーツビジネスの現状と可能性」。グローバル・スポーツにおけるアジアの台頭や、変化が求められる日本のスポーツ業界など、スポーツビジネスの現状と可能性を、第一線を行く業界リーダーたちが議論する。

プログラムは、①「海外スポーツ最前線から見るアジアと日本スポーツの可能性」、②「なぜ企業はスポーツ・スポンサーシップに投資するのか?」、③「日本にプロのスポーツビジネスパーソンが必要な理由」。登壇者は、メルカリ取締役社長兼COOの小泉文明氏、日本フェンシング協会会長の太田雄貴氏、Bリーグ常務理事・事務局長の葦原一正氏などで、国内外で活躍するスポーツ組織やスポーツ・スポンサー企業の代表者が、パネルディスカッションで一堂に介す。

チケットは一般3,000円(税込)で、現在Peatixで発売中。カンファレンスのスポンサーには、スペイン・サッカーリーグの「LaLiga」が決定している。

HALF TIMEは、スポーツ業界の専門メディアと求人情報・採用支援サービスを統合したプラットフォームとして、今年5月にβ版を提供開始。7月にはサービスの本格ローンチを迎え、本カンファレンスなども通して、スポーツビジネスに関する「情報」と「人材」の新たなプラットフォームとなることを目指している。

当日プログラム・登壇者

15:00-15:10 オープニングスピーチ「HALF TIMEローンチの狙い」

磯田 裕介(Beyond Global Recruitment代表取締役)

15:15-16:00 パネルディスカッション①「海外スポーツ最前線から見るアジアと日本スポーツの可能性

岡部 恭英氏(TEAMマーケティング ヘッド・オブ・アジアセールス)

秦 “アンディ” 英之氏(ONE チャンピオンシップ・ジャパン社長)

森村 国仁氏(電通スポーツアジア 代表取締役社長兼CEO)

河田 剛氏(スタンフォード大学アメリカンフットボール部 Offensive Assistant)

16:10-16:55 パネルディスカッション②「なぜ企業はスポーツ・スポンサーシップに投資するのか?」

小泉 文明氏(メルカリ 取締役社長兼COO)

髙田 旭人氏(ジャパネットホールディングス 代表取締役社長 兼 CEO)

渡邉 和史氏(日本コカ・コーラ 東京2020オリンピック&エクスペリエンシャルマーケティング統括部長)

堀 弘人氏(楽天 グローバルスポンサーシップオフィス)

17:05-17:55 パネルディスカッション③「日本にプロのスポーツビジネスパーソンが必要な理由」

太田 雄貴氏(日本フェンシング協会会長/国際フェンシング連盟副会長)

葦原 一正氏(B.LEAGUE 常務理事・事務局長)

元沢 伸夫氏(DeNA川崎ブレイブサンダース代表取締役社長)

鈴木 啓太氏(AuB 代表取締役/元サッカー選手)

※登壇者は予告なく追加・変更となる場合があります。最新の登壇者情報はPeatixをご確認ください

イベント概要

日時:2019年7月9日(火) 15:00-18:00(14:30受付開始)

会場:六本木アカデミーヒルズ (東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー49階)

定員:150名

主催:HALF TIME(運営会社:Beyond Global Recruitment株式会社)

スポンサー:LaLiga

チケット販売:Peatix https://globalsportsbusinessconference.peatix.com/

Facebookイベントページ:https://www.facebook.com/events/463991430841206/

成長産業のスポーツ業界に求められる「人材」

磯田 裕介:Beyond Global Recruitment株式会社 代表取締役。インテリジェンス入社後、 海外事業拡大のためシンガポール、ベトナム法人に出向。その後、スポーツ業界特化の英系エグゼクティブサーチファームSRIで日本事業を立ち上げのためシンガポール勤務の後、日本へ赴任。Beyond Global Recruitmentを設立し現在に至る。

国内スポーツ市場は、2025年には15.2兆円まで成長することが見込まれており、スポーツ産業の一層の収益化が進められる中、その産業成長を牽引する人材が求められている。

その中で、今後スポーツ業界で、更に必要とされるビジネス・プロフェッショナル人材の高度化と流動化を目指すプラットフォームが「HALF TIME」だ。

HALF TIMEを運営する、Beyond Global Recruitment株式会社 代表取締役の磯田裕介は次のように話す。

「これまで国内及び海外で、スポーツ業界をはじめとする採用支援に従事してきた中で、兼ねてより日本のスポーツ業界における人材の高度化・流動化への強いニーズを感じ、「HALF TIME」のサービス提供に至りました。HALF TIMEを通して、より多くのビジネスパーソンがスポーツ業界について学び、多くの機会を得られることを願っています」

HALF TIMEには、「自らを振り返り、確かな情報を入手し、次の戦いに備える戦略的な準備期間=ハーフタイム」という意味が込められている。ビジネスパーソンには、このカンファレンスを通して、是非、日本・アジアのみならず、世界のスポーツ業界で活躍してほしい。

※プログラムタイトル(パネルディスカッション①)を更新 [2019/6/19]

※登壇者および画像を更新 [2019/7/8]



 
最新の
スポーツビジネス情報を
お届けします。
HALF TIME 無料会員登録特典

・イベント先行案内
・最新スポーツビジネス情報
・スポーツ関連プロジェクト求人案内

HALF TIME 無料会員に登録