サッカー・ベルギー1部シント=トロイデンVV、Jリーグ2部アビスパ福岡と業務提携を発表

サッカー・ベルギー1部リーグのジュピラー・プロ・リーグに所属するシント=トロイデンVV (STVV)は、7月3日、明治安田生命J2リーグのアビスパ福岡との業務提携を発表した。提携期間は2019年7月1日から2021年6月30日までの2年間。

業務提携に基づき、両クラブは人材育成や国際交流、ノウハウ共有で協力を行う。選手、指導者、ビジネススタッフの人的交流、スカウト活動のサポートとビジネス関連の情報交換、選手・指導者の受け入れ・研修参加、スタジアムテクノロジー、試合運営、マーチャンダイジング、ファンサービスのノウハウ提供などが含まれる。

今回の提携でSTVVとJリーグクラブとの業務提携は5クラブ目。STVVは、2018年1月にはファジアーノ岡山と、2018年2月には大分トリニータと、2018年3月にはFC東京と、2019年4月には北海道コンサドーレ札幌との提携を発表しており、この2年間で拡大の一途を辿る。

STVVは2017年11月にDMMが経営権を取得。日本企業によるベルギー1部リーグクラブの買収はこれが初めてで、多角化するDMMのビジネスにおいて一つの事業として位置付けられている。

地元選手を育成し、トップリーグで安定的に戦う方針である一方、スポンサーやサプライヤーは国際規模での獲得を目指す。現に、ローカルスポンサー以外にも、SBI損保、デサント、BEAMS、MEN‘S TBCなど日系企業がスポンサー契約を結ぶ。国際的な視野は選手編成にも表れており、これまで関根貴大、鎌田大地、遠藤航などの日本人選手が所属してきた。そこに2018年1月に加わったのが、アビスパ福岡出身の冨安健洋だ。

STVVの立石敬之CEOは、 「冨安選手は一年半前に我々のクラブに移籍してくれて、素晴らしい活躍をしてくれました。 素晴らしい選手を育ててくれたクラブからお預かりした選手で、シント=トロイデンという街の中でも『トミを育てたクラブ』としてアビスパ福岡は認知されています」とそのインパクトを振り返る。

一方、アビスパ福岡の川森敬史代表取締役社長が、「100年を超えるヨーロッパのフットボールから、またその中で日本人経営者が経営、運営されている歴史あるシント=トロイデンVVさんから、多くの学びがあると考えています」とし、「フロントとしても多くの事を学んでいきたい」と語るなど、日本側からの期待も大きい。

外国人枠が存在せず(※)、日本人を含む外国人選手が出場しやすいとされるベルギーリーグが「登竜門」として見られる中、DMMとSTVVは、日本のビジネスが欧州へとつながるブリッジとしての役割も果たしている。

※編集部注:全ての公式戦において最低6人のベルギー国内で育成された選手の登録が必要

 
最新の
スポーツビジネス情報を
お届けします。
HALF TIME 無料会員登録特典

・イベント先行案内
・最新スポーツビジネス情報
・スポーツ関連プロジェクト求人案内

HALF TIME 無料会員に登録