スポーツ分析を極めて「スポーツアナリスト」に!?どんな職業?向いてる人とは?疑問をすべて解決!

みなさんは、スポーツ分析という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

スポーツ分析とは、サッカーや野球などのスポーツの試合中に端末を使って選手に指示を出すことをさします。

この仕事は、実は「スポーツアナリスト」という人たちがデータを収集して分析したものを活用しています。

つまりは、スポーツ分析を極めれば、「スポーツアナリスト」の仕事に就くことも可能です。

この記事では、「スポーツ分析とはいったい何なのか?」ということから、「スポーツアナリスト」という職業がどういう職業なのか、ということまで幅広く紹介していきます。

スポーツ分析やスポーツアナリストに興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

スポーツ分析って簡単にいうとどんなこと?

スポーツ分析とは、簡単にいうと、「スポーツにおける対戦相手やチームの選手の動きなどのデータを分析すること」です。

試合中に端末を持って指示を出しているのを見かけた事がある方も多いと思いますが、これがまさに、スポーツ分析です。

この分析には、「スポーツアナリスト」という職業の人たちが収集・分析したデータを活用しています。

つまり、スポーツアナリストの収集・分析したデータを、試合に勝つために活用することがスポーツ分析です。

スポーツ分析の可能性

これまで、直感や経験が重要だとされてきたスポーツの世界ですが、スポーツ分析をすることで、今までは気づかなかった点に気づき、チームや選手の勝利につながる戦略を立てることが可能になりました。

そのため、現在、スポーツ分析が大注目されています。

試合を分析することによって、今まで見えなかったことに気付き、選手の育成や起用、評価に対して大きな影響を与えるスポーツ分析。

現在、さまざまなスポーツでこの「スポーツ分析」が取り入れられています。

スポーツ分析の可能性は無限大といっても過言ではないでしょう。

勝つためだけじゃない!魅せることも期待できるのがスポーツ分析!

スポーツ分析は、選手が試合に勝つためだけに活用されると思われがちですが、「勝つためのデータ」を長年蓄積していくことで、新たなモノづくりに挑戦することが可能になるとされています。

例えば、試合映像とともに選手の動きを予想するアニメーション映像を流してみたり、今まではファンの目には映らなかった選手の特徴をファンサイトなどで公開するなど。

勝つためだけでなく、ファンを楽しませ、魅了するような新しいコンテンツへの展開も期待されています。

スポーツアナリストってどんな仕事?どんな人が向いてるの?

スポーツ分析を極めていくと、スポーツアナリストという職業に就くことが可能になります。

では、スポーツアナリストとはどのような仕事なのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

スポーツアナリストとは?

スポーツアナリストは、日本ではここ10年ほど前から脚光を浴び始めた職業です。

スポーツアナリストという仕事を定義づけするのは難しいですが、定義づけるなら「選手やチームの目標を達成へと導くために、情報戦略面で高いレベルでの専門性を持ってサポートする職業」といえるでしょう。

チームや選手個人が必要としている情報を、いかに最適なカタチで提供できるかというのが、スポーツアナリストとしての手腕の1つです。

主な仕事内容は、データの収集と分析です。

前述したように、データは試合に勝つために活用されるものであり、今後は観客を魅了するためにも活用されていくことが期待されているもの。

スポーツアナリストの需要は増えていくことが予想されます。

スポーツアナリストはどんな人に向いている?

スポーツアナリストに向いている人というと、まずは、IT機器の知識が深い人や統計学の知識がある人などが挙げられますが、とても大切なのは「正確な情報収集力」です。

収集したデータが間違っていては、その分析はまったく意味をなしません。

そのため、丁寧で正確な情報を収集するスキルを持っている人が、スポーツアナリストに向いているといえるでしょう。

次に重要なのは「分析力」です。

その理由は、選手や指導者が自らの経験や感覚では得られなかった視点で知識を提供する必要があるからです。

分析力に関しても、「丁寧さ」と「正確さ」が求められます。

さらにいえば、分析や情報収集はコツコツとした作業なので、地道に何かを積み重ねることが出来る人に向いているといえます。

スポーツアナリストになる方法

スポーツアナリストはどういう人に向いているのか、ということをご紹介しましたが、スポーツアナリストになる方法にはどのような方法があるのでしょうか?

その1つとして、高校を卒業後、大学や短大・専門学校で「スポーツ学、コミュニケーション学、メディア学」などを学ぶという道があります。

大学や短大・専門学校卒業後、いきなりスポーツアナリストになるのは難しいもの。

したがって、まず「メディア向けサービス事業会社やスポーツ団体向けサービス事業会社、データ入力事業会社」などに就職して、スポーツ業界で働くことがおすすめです。

スポーツ業界で働く中で人との縁を築き、スポーツアナリストとして実際に活躍している人に話を聞くのが一番早いでしょう。

実際に話を効く際には、「何か手伝わせてほしい」と自らアタックする積極性も大切です。

積極的に動くことで、スポーツアナリストへの道が開けます。

地道ではありますが、本当にスポーツアナリストを目指したいのであれば、繋いだ縁を大切にして、アタックし続けることが大切です。

まとめ

ここまで、スポーツ分析とは何かということやスポーツ分析の可能性、スポーツ分析を極めていくことでスポーツアナリストという仕事に就ける可能性が出てくるということを説明しました。

スポーツ分析は、どんどん成長していくカテゴリーであり、それに伴って、スポーツアナリストの需要も増しています。

スポーツアナリストとして活躍するためにも、スポーツ分析を極めてみてはいかがでしょうか。


参考記事一覧

スポーツアナリストとは

データ解析が変える2020年のスポーツ~「勝つため」と「魅せるため」2つの可能性を探る【特集:New Order】

データ分析がスポーツを変える!?今、スポーツ界では「データ分析」がアツイ!!

「スポーツアナリスト」という”仕事”に興味があった

やりたいことを見つける!

 
最新の
スポーツビジネス情報を
お届けします。
HALF TIME 無料会員登録特典

・イベント先行案内
・最新スポーツビジネス情報
・スポーツ関連プロジェクト求人案内

HALF TIME 無料会員に登録