テニスのブレークポイントとは?キープとの使い分けと重要度について解説!

錦織圭選手や大坂なおみ選手など、世界で活躍するプロテニスプレイヤーが躍進していることもあり、テニスに興味を持つ方が増えているようです。

テニスの試合の観戦をしていると、よく「ブレークポイント」という言葉が出てきますが、「そもそもブレークポイントって何?」と思っている方もいることでしょう。

ブレークポイントは、テニスの試合において重要度が高いです。

本記事では、テニスにおけるブレークポイントの重要性や、キープとの使い分けなどについて解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

テニスのブレークポイントとは

ここでは、ブレークポイントとは何なのか?その意味と仕組みについて解説しています。 

ブレークの意味は?

ブレークポイントの「ブレーク(Break)は、日本語では「ブレーク」もしくは「ブレイク」と読みます。

「Break」の意味は、下記のとおり。

  • 壊す
  • 破る
  • 中断する

そして、テニス用語での「ブレーク」の意味は、上記のうち「破る」です。

なぜテニスの試合で使われる用語に、「破る」という意味を持つ言葉があるのでしょうか。次で、詳しくみていきましょう。

ブレークポイントとは?

テニスの試合におけるブレークポイントとは、レシーブ側が残り1ポイントで、そのゲームを制する状態を意味します。つまり、レシーブ側がそのゲームを制するポイントのこと。

テニスは、ポイントの取り合いで試合が進行していくスポーツ。サーブ権は1ゲームごとに交代し、4ポイントを先取した方がそのゲームを制します。そして、先に6ゲーム(5-5になった場合は7ゲーム)を制した方が1セットを制します。

最終的に、制したセット数が多い方が試合の勝者となるルールです。

試合のセット数は大会・試合によって異なりますが、プロの試合では、3セットマッチか5セットマッチが一般的。3セットマッチの場合は「先に2セット」、5セットマッチの場合は「先に3セット」を先取したら勝利となります。

また、プロの試合では、女子シングルス・男女ダブルス・混合ダブルスが3セットマッチ、男子シングルスが5セットマッチであることが多いです。

ちにみに、テニスにおけるポイントの数え方はこちら。

  • 0ポイント:ラブ
  • 1ポイント(15点):フィフティーン
  • 2ポイント(30点):サーティー
  • 3ポイント(40点):フォーティー

ポイントはサーブ側から数えることになっています。そのため、サーブ側が2ポイント獲得、レシーブ側が0ポイントの場合は「30-0」と表記して、「サーティーラブ」とコールされます。

つまり、1ゲームで「0-40」「15-40」「30-40」といった状態や、「40-40(デュース)」もしくはレシーブ側がアドバンテージを取っている状態が、ブレークポイントです。

ブレークポイントは、レシーブ側が残り1ポイントで、そのゲームを制する状態のこと。そのため、サーブ側が残り1ポイントでそのゲームを制する状態の場合は、ブレークポイントではありません。

ブレークとキープの使い分け

写真提供 = Chris Chondrogiannis / Unsplash.com

サーブ側が残り1ポイントでそのゲームを制する状態の場合に「ブレークポイント」と表現されない理由は、レシーブ側がそのゲームを制することを「プレーク」と呼んでいるからです。

さらに、掘り下げて解説すると、テニスではサーブ側がゲームで圧倒的に有利となっています。

サーブ側が有利な理由として、下記の内容が挙げられます。

  • サーブは唯一、自分のペース、タイミングで打てるショットである
  • 高速なショットが打てる
  • ゲームを有利に進められるところにボールを配球することが可能
  • 相手の返球はこうなるだろうと予測して打つことができる
  • サーブは相手がいなくても練習(研究・工夫)が可能

そのため、サーブ側に有利なはずのゲームを破ったことになるため、「ブレーク」と呼ばれています。

一方、サーブ側がそのゲームを制することを「キープ」と呼びます。

キープ(Keep)は、日本語では「確保する」「保持する」「取っておく」「守る」などの意味を持ちます。

そして、テニス用語での「キープ」は、「保持する」「守る」という意味合いが強く、有利なはずのゲームを保持し守ることができれば、キープという表現が用いられています。

ブレークポイントの重要度

テニスの試合で、重要度が高いブレークポイント。

その理由は、有利なはずのサーブ権を保持しているゲームを相手にブレークされると、試合運びが苦しくなってしまうため。テニスの試合は、2セットあるいは3セットを先取したほうが勝者となります。

プロの試合では、自身が有利なはずのサーブゲームで相手にポイントを取らせないように意識されています。そのため、お互いにキープし合う試合展開の場合は、先にサーブ権を獲得した方が勝ってしまいます。

よって、ゲームを6(7)つ先取するためには、サーブゲームは確実に制するだけでなく、ゲームのブレークポイントが重要です。

ワールドランキングを見ると、ブレークポイントの奪取・セーブ率・リターンが高い選手がトップを占めていました。

そして、サービスエース数のトップ10にランキングインしていた選手で、ワールドランキングトップに入っている選手は3人でした。

このことからも、試合に勝利するためには、ブレークポイントの重要度が高いことが分かります。

まとめ

今回は、テニスにおけるブレークポイントの重要性やキープとの違いについて解説してきました。

ブレークポイントは、テニスの試合運びに欠かせない重要な起点となるため、意識している方もいることでしょう。

また、キープとの違いなど、ルールをより深く理解することで、さらにテニスを楽しむことができるでしょう。

(TOP写真提供 = Moises Alex / Unsplash.com)


《参考記事一覧》

テニスにおけるキープとブレイクとは(テニスベア)

テニスのルール「キープとブレーク」とは(テニススクールコンシェルジュ)

【テニスルール】ブレイクポイントとは?キープ・ブレイクの用語解説(Tennisやろうよ)

ブレークポイントでの成績から分かることは?(PINNACLE)

トッププロの試合における数字【月刊テニスフリーク】7月号(月間テニスフリーク)

 
最新の
スポーツビジネス情報を
お届けします。
HALF TIME 無料会員登録特典

・イベント先行案内
・最新スポーツビジネス情報
・スポーツ関連プロジェクト求人案内

HALF TIME 無料会員に登録