視覚障がいの「感覚」を理解するために。誰でもできるパラ競技「ゴールボール」を日本郵政がサポートし続ける理由

「2021チャレンジゴールボール北信越大会」が2021年11月14日、長野県障がい者福祉センター・サンアップルで開催された。日本郵政は東京2020オリンピック・パラリンピックの公式パートナーとして大会開催を支えただけでなく、個別の競技に対してもサポートを行っている。パラリンピック競技・ゴールボールもその一つだ。今回のチャレンジゴールボール大会も競技の支援の一環で、日本郵政が全面的に支援している。

競技の普及を目指した「チャレンジゴールボール大会」

会場の長野県障がい者福祉センター・サンアップルは完全バリアフリー。 体育館では様々なパラ競技を実施でき、館内には車いす使用者用の各種トレーニング機器もある

ゴールボールとは、鈴の入ったバスケットボール大のボールを互いに投げ合って得点を競うチームスポーツ。選手は障がいの程度に関わらず「アイシェード」と呼ばれる目隠しゴーグルを装着し、全く見えない状態でプレーする。つまり、アイシェードを着ければ、視覚障がい者も健常者も同じ条件でプレーできるということだ。

コートの大きさは6人制バレーボールコートと同じ広さ。コート内の各ラインには床との間にひもを通してテープを貼り、凸凹を作って選手が手で触れてラインを確認できるようになっている。

ゴールは、サッカーのゴールと同じようにネットが張られているが、コートの横幅と同じだけの幅がある。高さはサッカーより低く1.3メートル。

ボールはバスケットボール(7号球)と同じ大きさだが、重さはほぼ2倍の1.25kgとかなり重め。中に鈴が入っていて音が鳴る。選手は、この音を頼りにボールの行方を追うのだ。コート上に選手は3人。オフィシャルの試合時間は、前後半各12分の計24分。

オリンピックにはない競技で、東京パラリンピックで始めて目にしたという人も多いかもしれない。「チャレンジゴールボール大会」は、初心者や生涯スポーツとしてゴールボールを楽しんでいるチームが対象の交流型大会。ルールを緩和しながら、ゴールボール初心者のほか、とにかくゴールボールをやってみたい、ゴールボールを通じた交流を行いたい個人・チームが参加している。

初めてでも試合ができる、親しみやすい競技

ゴールボールはアイシェードをつけることで視覚障がいの有無に関わらず誰でもプレーできる

今回の北信越大会は、視覚障がい者のチームや経験者のチームも参加していたが、ゴールボールをやるのはまったくの初めてという人がほとんどだった。地元である日本郵便 信越支社や地域の郵便局の社員も多く参加した。会場のサンアップルは障がい者のための施設なので、完全にバリアフリー化がなされている。

日本郵政がゴールボールをサポートする意図について、日本郵政 オリンピック・パラリンピック室の橋川博一さんに聞いた。

「日本郵政は2019年3月からゴールボールをサポートしています。日本各地にグループの支店や郵便局があるので、その強みを活かしてゴールボールの知名度アップに貢献したいと思っています。これまで、社員がボランティアで大会運営を手伝ったりもしてきました。チャレンジゴールボール大会は、実際に社員がプレーして競技の奥深さを体感できる貴重な機会だと感じています」(橋川さん)

今回の大会は、参加の10チームを2つのグループに分けて総当りのリーグ戦を行い、順位を決めるという方式。ほとんどが未経験者ということで、まずは日本ゴールボール協会の人たちと経験者チームによるデモンストレーションからスタート。

基本的なルールを理解したところで、参加者ははじめにアイシェードをせずにプレーを体験。ボールは1.25kgとかなり重いので思ったとおりに投げられなかったり、ディフェンスするのに思い切り横に体を投げ出せなかったりと、最初こそ戸惑っている人もいたが、練習を重ねるうちにだんだんコツをつかんできたようだ。

次に、アイシェードを装着してプレー。まったく視界が奪われてしまうことに対し、参加者から驚きの声が上がる。

橋川さんは、これこそが社員がゴールボールを体験する大きな目的だという。

「いざアイシェードをしてみると、まったく周りが見えないので、最初は戸惑いの声が上がりますね。多くの人が、視界がないなかで動くという経験をしたことがないので、『こんなにわからないんだ』と感じます。そんな状況の中、的確にボールの位置を把握してプレーする選手の動きが如何にすごいのかわかると思います」(橋川さん)

「百聞は一見にしかず」競技への理解が深まる

日本郵政株式会社 オリンピック・パラリンピック室 橋川 博一さん

体験会が終わると、試合が開始された。最初はペナルティなどのない、初心者でも試合になるようにハードルを下げた特別ルールで行われた。視覚に頼ることができず、相手ボールを体を投げ出して止めなくてはならないという競技なので、慣れるのはさぞ難しいかと思いきや、いいプレーが続出し、接戦が繰り広げられた。

「まずは触れてみる、実際にやってみるということが大事だと思っています。まさに百聞は一見にしかずで、一度でも体験してもらえば、ゴールボールという競技への理解が深まるし、この体験をまわりの人に伝えることで理解の輪が広がると思います。アイシェードをしてみることで、視覚障がいの人たちにどのようなサポートをしていけばいいかを自分で考えるきっかけにもなりますよね」(橋川さん)

試合が進むうちに各チームにも一体感が生まれてきて、前の試合の反省を行い、いろいろと戦略を練っているチームも見受けられた。ゴールボールという競技の難しさと同時に、楽しさも感じられてきている様子だった。

「大会規模としては理想的でした」と話すのは、日本ゴールボール協会技術部部長の西村秀樹さん。

「今大会は参加10チーム。各チーム4試合が行えたことは、初心者の方々にとってはよかったと感じています。最初の試合では、暗闇の世界に戸惑うばかりで試合が終わってしまいますが、2度目、3度目と回を重ねるにつれ、ボールの音や相手ゴールの方向などがわかるようになり、4試合目となると、アイシェードを着けた環境に慣れて、徐々に力も入れられるようになる。

こうなってくると、試合を観戦する方も楽しさがわかるようになり、選手のみなさんのプレーに対して笑い声も出てくるようになりました。改めて、やればやるほど人の感覚は鍛えられていくものだと感じました」(西村さん)

参加者が感じた競技の魅力と、貴重な経験

ゴールボールをはじめてプレーした徳永大祐さん(日本郵便 信越支社 経営管理部)

実際に、初めてのゴールボールはどうだったのだろうか?参加者のひとり、日本郵便 信越支社 経営管理部の徳永大祐さんに感想を聞いてみた 。

「初めてのゴールボールということで、最初は不安もありました。アイシェードをしてみて、まったく見えなかったので初めは動くのが怖かったんです。でも、だんだんボールの鈴の音でだいたいの位置がわかるようになってきて、前の試合では1点きめることができました! 見えないことで、かえって集中できるというのはおもしろい経験でしたね」(徳永さん)

別のチームで参加した、日本郵便 延徳郵便局の徳竹美香さんも、「アイシェードでまったく見えなくなるのは、最初は率直に怖いなと感じました。でも、プレーしていくうちにだんだん楽しくなってきたんですよね。ベンチからいろいろ声をかけてくれるのがとても心強くて、試合では2点取れました!」と話し、自身のスポーツ経験と重ねて感想を教えてくれた。

「私自身は、バスケットやフットサルなどもともとスポーツをしてきたんですけど、見えないなかでプレーするというのはホントにすごいなと実感できました。アイシェードをすることで、誰でもフェアにプレーできるというのがいいですよね。ゴールボールの大会に参加するお話をいただいて、おもしろそう!って思っていたんです。本当に貴重な体験をさせてもらいました」(徳竹さん)

橋川さんの言うとおり、一度でも体験することで考え始めるきっかけになったようだった。それは、経験がゼロかイチかで大きく変わってくる。

「実際にまったく視界がない状況を経験することで、ほんの少しですが視覚障がいの方の気持ちがわかった気がしました。今までは、街で会ってもどうサポートしていいか戸惑ってしまっていたのですが、これからは自分ならどうすればいいかを考えるきっかけになりましたね」(先出の徳永さん)

「日本近代郵便の父」の想いを継ぐ共生社会の実現

「本当に貴重な体験をさせてもらいました」と、徳竹美香さん(日本郵便 延徳郵便局)

ゴールボールという競技の普及に向け、先出の日本ゴールボール協会・西村さんは意欲を見せる。

「とかく、障がい者スポーツは障がい者のみのものと思われがちです。『目が見えない人の日常生活は、苦労の連続ではないか?』と、間違った理解や当事者の気持ちがわからないことからくる偏見などが、障がい者差別への一つの要因になっていると思います。

ゴールボールは、全員がアイシェードをして同じ環境でプレーすること、初心者の方もその日のうちに試合までできるようになることがポイントで、他に類を見ない競技です。大人のみならず、小学生や中学生にも適している。競技の利点を生かして、体験してもらえる場を積極的に創出していきたいですね」(西村さん)

競技の普及については、日本の郵便とそれを作り上げた先人の想いにもつながるようだ。

「郵便というのは、誰もが平等に使える制度として築かれてきました。郵便サービスは全国津々浦々に行き渡って、災害時や過疎地域でも住民を支えるシステムとして、誕生した明治時代から150年以上生き続けているインフラです。これは、『日本近代郵便の父』と呼ばれている前島密が目指した『自由、平等、公平』という理念に基づいています。

実は、現在の筑波大学附属視覚特別支援学校の前身である楽善会訓盲院の設立に前島も参加しているという事実もあります。共生社会の実現に、私たちの活動が少しでも貢献できればいいなと考えています」(橋川さん)

楽善会訓盲院とは1876年に設立された日本の盲学校の先駆けだ。時代を経て何度か組織や名称を変え、現在の筑波大学附属視覚特別支援学校および筑波大学附属聴覚特別支援学校につながっている。同学校は幼稚部、小学部、中学部、高等部を設置していて、卒業生は芸術やスポーツなどの分野でも輝かしい活躍をしている。

誰もが利用できる通信インフラとして、日本の発展を支えてきた郵便。その礎を築いた前島密が、同時に障がいを持った人たちの将来をも考えていたということに、驚きとともに敬意を感じずにいられない。

「2021チャレンジゴールボール北信越大会」には約50名が参加。多くの参加者にとってはじめてゴールボールに触れる機会になった

パラスポーツは障がいを持った人たちのための競技。もしかすると、この認識が一般的かもしれない。もちろん、作られたきっかけはそのとおりだが、実際は、ゴールボールのように戦略性に富んでいたり、極めるまでの奥深さがあったりと、競技そのものとしての魅力にあふれている。多くの人に体験して、その価値を感じてもらうことが求められている。

「ゴールボールに接することが、誰にとっても暮らしやすい社会を作るために自分はどうすれば良いのか、一人一人が考えるきっかけになればいいなと思いますし、全国各地で生活インフラを提供している日本郵政がその先頭に立って行動していけば、社会も変わっていくのではないかと思います。障がいも一つの個性として捉え、誰もが自分の目標や夢にチャレンジできる世の中になるといいですね」(橋川さん)

日本郵政グループは150年にわたる歴史の中で、点字郵便やくぼみ入りはがきなど、視覚障がいの方も利用しやすいサービスを提供してきた。ゴールボールへのサポートを通じて貴重な経験を得た彼らは、今日も先人の想いを引き継ぎ、地域社会を支えている。

#Sponsored:日本郵政株式会社

JP CAST
 
最新の
スポーツビジネス情報を
お届けします。
HALF TIME 無料会員登録特典

・イベント先行案内
・最新スポーツビジネス情報
・スポーツ関連プロジェクト求人案内

HALF TIME 無料会員に登録