ゴルフでの持ち物について ~季節や天候、男女別の持ち物チェック

ラウンドする際に必須の持ち物

ゴルフでの持ち物について、まずはラウンドする際に必須の持ち物から考えてみましょう。 

キャディバッグ 〜ラウンドに必要な道具を入れておきます。軽いことが一番で、ポケットが多いバッグが小物の整理ができ、おすすめです。

ゴルフクラブ 〜ラウンドでの最大本数は14本です。初心者の方は14本揃えて持っていく必要はありません。主要なクラブに絞って持って行きましょう。

ゴルフシューズ 〜ラウンドで運動靴は使えません。自分の足に合わせたゴルフシューズをシューズケースと共に用意しましょう。スパイクレスとソフトスパイクが一般的です。初心者の方はスパイクレスシューズがおすすめです。

ゴルフグローブ 〜自分の手のサイズに合った、使い慣れたグローブが安心です。大きめよりはむしろ小さい方がぴったりくるでしょう。

ゴルフボール 〜初心者ほどロストが多くなりますので多めに持っていきましょう。ボールの種類はたくさんあり、選ぶのに苦労します。カラーボールや打球感が硬めのものや、柔らかめのものがあります。好みにもよりますので色々試してみましょう。

ティーやマーカー 〜ロングティーはドライバー用、ショートティーはアイアンやウッド用です。木製とプラスチック製は好みで使い分けてください。小さく、なくなりやすいので多めに持っていると安心です。マーカーはグリーンでの目印に使います。大きさや形状のルールはありません。

ちなみに、イギリス人はちょうどよい大きさの20ポンドコインをマーカー代わりにすることもあるそうです。。

ボストンバッグと着替え 〜ロッカーに置いておいて、ラウンド後に着替えましょう。雨の日には、ワンセット予備の着替えがあると安心です。暑い日や雨の日用にソックスの替えがあると気分転換にもなります。

水筒 〜ゴルフでも真夏に限らず水分補給が大切です。冷めにくい水筒に飲み慣れた飲み物を用意しておくと安心です。個人差はありますが、1.5リットルの水筒分は用意しましょう。

タオル 〜ゴルフではキャディーバッグにつけられるタイプのタオルをぶら下げておくと、手を拭いたり、濡れたボールを拭いたりするのに便利です。

初心者に便利な持ち物

特に初心者の方に便利な持ち物は以下の通りです。

スコアカウンター 〜初心者の頃はどれだけ打ったか忘れてしまいがちですね。スコアカウンターがあると、球を打つのに集中できるので便利です。アナログ式が小型で便利ですが、最近ではデジタル式で計算機能付きのものもあります。

ボールポーチ 〜OBやロストの際にいちいちボールを取りにカートまで戻るのは大変です。ボールポーチに数個用意しておくと時間の節約にもなって便利です。

季節ごとの必需品

①夏ゴルフの必需品

・飲み物

夏は汗で水分を排出しやすく、水分補給が欠かせません。熱中症予防のためにも、スポーツドリンクなどの塩分を含んだ冷たい飲み物を、1.5リットルの水筒やクーラーボックスなどに入れて持参しましょう。

・熱中症対策の飴やタブレット、塩の錠剤

最近では熱中症対策の飴やタブレットが、コンビニやドラッグストアで種類多く販売されています。また、炎天下の足つり防止用に、甲子園球児も使っているといわれる塩の錠剤もありますので、試してみるとよいでしょう。

・制汗スプレー

屋外スポーツのゴルフですが、カートで同席するなど、意外と同じパーティの方とは接近する機会もあります。エチケットの一つとして心がけたいものです。

・虫除けスプレー

ゴルフ場は都心部になく、思わぬ虫に刺されることがあります。ラウンド前に虫除けスプレーをしておくとよいでしょう。

・日焼け止め

日焼け止めは夏のゴルフでは必需品です。3時間ごとには塗り直すなど、最大予防効果の日焼け止めを塗って、紫外線対策に気をつけましょう。時間に余裕がある時にはチューブタイプが一般的ですが、時間がない時にはスプレータイプが便利です。予防効果と、塗りやすさや臭い、肌への刺激などは商品によって違いますので、自分に合うものを探してみましょう。

・リップクリーム

忘れがちなのは唇のケアです。夏は紫外線に当たって、2〜3日後に唇に水膨れができることがあります。日焼け止めとセットで、紫外線対策をしましょう。

・サングラス

夏は目も日焼けします。UVカット仕様のサングラスをしているのとしていないのでは、ラウンド後の目の疲労感が違います。グレー系のレンズは、裸眼と変わらない自然な視界が得られます。

・晴雨兼用傘

UVカット仕様の晴雨兼用傘があると、急な雨にも役立ち、炎天下には紫外線防止になるでしょう。

・着替えのシャツ

炎天下のゴルフでは、プレー中に汗で濡れて気分が悪いものです。着替え用のシャツを持参して、着替えられる場所を見つけて着替えると気分よくプレーできます。

・氷のう

炎天下では氷のうがあると体を冷やすのに便利です。特に首の後ろや、脇の下などの大きな血管が通っている箇所を冷やすと熱中症対策に効果的です。氷はゴルフ場で用意してくれるところもありますが、できればコンビニで事前に購入するとよいでしょう。

・冷感・クールタオル

クールタオルといって、保水して冷えた状態を保ってくれるタオルがあります。顔を拭くとひんやりして気分がよいので試してみてください。

・使い捨て冷却パック

握ると中袋が破れ、急速に冷感効果が得られる冷却パックがドラッグストアで販売されています。カートバッグにひとつ入れておくと熱中症予防に安心です。

②冬ゴルフでの必需品

寒い冬でもゴルフはプレーします。スコットランド地方では、冬は大変な寒さになるので、プレーヤーは体の暖を取るためにお尻のポケットにお酒の入る水筒を持ち歩き、飲みながらプレーすることもあります。真似しない方がよいですが、ゴルフプレーヤーはそのくらい寒い中でもプレーするということです。

・使い捨てカイロ

振ると温まる使い捨てカイロが便利です。女性に多い冷え性の方には特に効果があります。今ではコンビニでも買えます。

・ネックウォーマー

昔は冬はマフラーをしてプレーしていましたが、ゴルフのような動きのあるスポーツ用にはネックウォーマーがプレーの邪魔にならず便利です。首を温めると体全体が温かくなります。フリース製のものが軽く、乾きやすく、洗濯もしやすく便利です。

・ニットの帽子

最近はゴルフ場のドレスコードが緩くなってきましたので、ニット帽でのプレーも可能になりました。寒い冬には頭や耳も冷えます。ニットなどの帽子を被ることでカバーしましょう。

・ハンドクリーム

冬場は寒さと乾燥で指や手の甲がひび割れたり、あかぎれしたりします。プレー前にあらかじめハンドクリームを塗っておくと、あかぎれなどの防止になります。

気候ごとの持ち物

写真提供 = Catharina Short Sundberg / Unsplash.com

ゴルフは風雨のひどい荒天でなければ、原則行うスポーツです。台風や雷雨の場合はゴルフ場からクローズの連絡があるかもしれませんが、滅多にクローズはありません。

それでは、雨の日にプレーをする際の持ち物を考えてみましょう。雨の日は晴れた日に比べて、水滴などでプレーしにくいことは間違いないのですが、ちょっとした工夫で気分も上がるような準備ができるとよいですね。

①雨天の際の持ち物

・服装

服装は雨具の下に着るため、できるだけ薄手で通気性のよい服装を着用しましょう。雨具は撥水性のあるポリエステル素材のものが多く、素材上どうしても通気性が悪くなるため、下に着る服装は通気性のあるものが快適です。長袖のアンダーシャツや、ポリエステル素材のスラックスなどがおすすめです。ポリエステル素材のスラックスは、冬場やよほど寒い日でなければ使えますので、普段から準備しておくとよいですね。

また、雨の日は泥で汚れることが多いので、白色の服装は避けましょう。小雨であれば撥水性のあるゴルフウエアだけでも対応できます。

・レインウエア

ゴルフ用のレインウエアは、撥水性があって、雨水を通しにくく、軽量で通気性のよいものがおすすめです。最近では、裏地がメッシュや、中の湿気を外に出してくれる素材、伸縮性のある素材でも作られています。袖の取り外しができるタイプがあるそうで、クラブを振り回すゴルフでは、袖がない方がプレーしやすいですね。また、下にウエアを着ることから、大きめのサイズを選びましょう。また、明るい色でデザインのよいものを選ぶと気分を上げるのにも役立ちます。

・レインレッグカバー

レッグウォーマーのような形の、レインレッグカバーがあると、雨の日の泥跳ねや、足元が寒い時などに足元をカバーしてくれて便利です。女性はレインウエアとカラーコーディネートするとよいでしょう。

・レイングローブ

雨の日用の、濡れるとさらにグリップ力が高まるグローブがあります。そういった雨用グローブを何枚か用意しておくと便利です。グリップが滑りやすくなったり、握りにくくなったりしたら替え時です。

・レインハットやレインキャップ

コース内では傘をさせますが、ショットを打つ際には傘がさせません。乾きやすく、つばの部分にワイヤーが入って曲げることができたり、吸水素材を使ったりしているレインハットが、視界を確保し水滴を避けてくれるのでプレーする際に便利です。しっかり水を弾いてくれれば小さめのレインキャップでもよいでしょう。

・防水スプレー

当日に持っていかなくても、前日までに雨具とシューズには、防水スプレーをかけておくと道具が水を弾いて長持ちします。

・防水シューズ

シューズは晴れの日用とは別に、合成皮革の水を弾く雨用を用意するとよいでしょう。さらに雨とシミよけスプレーをプレー前にしておくことで、シューズの傷みも防ぐことができます。

・ゴルフ用の傘

ゴルフ用の傘は、自分と道具を雨から守ることができるよう大きく作られています。また、ゴルフバッグに入れられるよう持ち手がまっすぐで軽量に作られています。晴雨兼用の傘であれば、夏の炎天下に紫外線からも守れますね。急な雨にも、ゴルフ用の傘をバッグに入れておくと安心です。

・タオルを数枚

吸水性のあるタオルは雨の日の必需品です。雨に濡れた手を拭くハンドタオルや、顔や体を拭いたり、濡れたグリップやボールを拭いたりするフェイスタオルが複数枚あると便利です。

・防水加工のポーチやバッグ

雨水から中身を守る防水加工のポーチやバッグがあるとよいですね。スマホやハンドタオルを防水ポーチに、着替えシャツの一枚やフェイスタオル、レイングローブの数枚を防水バッグに入れておくと安心です。ビニール袋も数枚入れておくと、濡れたものと乾いたものとの分別に役立ちます。

②晴れや曇りの日の持ち物

太陽の出ている日には、夏の日の持ち物と繰り返しになりますが、季節に関係なく、日焼け止め、リップクリーム、サングラスは最低限、前以て確認しておきましょう。気を付けたいのは曇りの日で、紫外線は地表まで晴れの日の70%は来ています。曇りの日でも日焼け止めは塗っておくと安心です。

男女別 持ち物

今までは男女共通の持ち物を主に説明してきました。ここでは女性プレーヤー特有の持ち物を説明しましょう。

①ゴルフ女子用

 ・日焼け止めとリップクリーム

ゴルフは屋外スポーツで、グリーンからの照り返しも強く、特に紫外線の強い夏場は日焼け止めは必携です。紫外線の性質として、6月から8月の季節、特に正午前後が最も強くなります。 

紫外線には、作用は穏やかですが真皮まで届くUVAと、皮膚に炎症を起こしシミの原因になるUVBがあり、UVAにはPA、UVBにはSPFの効果表示で表します。PAは+が多い方、SPFは数字が大きい方が防止の効果が高いです。

ゴルフには、汗で落ちにくい日焼け止めが便利です。また、日焼け止めにもレベルが複数ありますが、炎天下なら最高レベルSPF50+、PA++++のものを選ぶとよいでしょう。汗で落ちにくくても、3時間に一度は塗り直すと効果的です。

・髪をまとめる道具

長い髪の毛の女性はスイングの際に髪が邪魔になることがありますので、シュシュなどの髪をまとめる道具があると便利です。

・コンパクトな鏡

身だしなみのチェックをするためにも、、折りたためる小型の手鏡があると便利です。

・メイク道具

ラウンド中やラウンド後にメイクを直せるよう、必要最低限のメイク道具があると便利です。

②男女共通

・カート(ラウンド)バッグ

男性は女性ほど持ち物は少ないでしょうが、貴重品やスマホなどをまとめて入れられるカート(ラウンド)バッグは便利です。物も見つけやすい間口の広いトートバッグ型がおすすめですが、盗難が心配であれば、間口にファスナー付きのものが安心です。

・ビニール袋 

ビニール袋は数枚、バッグに入れておくと便利です。夏の暑い時や雨のあと、濡れたものをまとめておけます。

まとめ

ゴルフをラウンドする際の必要な持ち物を、季節、天候、男女別という切り口で解説しました。

年々素材が進化し、便利なものが新しく商品化されてきており、季節を問わず、また天候も問わずゴルフを楽しめるようになってきました。

炎天下や寒い時期、雨天でも、プレーするのであればネガティブな気持ちにならず、どうすればよいスコアが残せるか、自然へのチャレンジだと思い、ゴルフのプレーを楽しめるとよいですね。

(TOP写真提供 = Adrian Hernandez / Unsplash.com)


《参考記事一覧》

【保存版】ゴルフの持ち物・服装チェックリスト!男性・女性一覧で完全網羅 (一人deゴルフ) 

 
最新の
スポーツビジネス情報を
お届けします。
HALF TIME 無料会員登録特典

・イベント先行案内
・最新スポーツビジネス情報
・スポーツ関連プロジェクト求人案内

HALF TIME 無料会員に登録