サッカーメーカーに就職するには?求められるのはどんな人材?選考基準は

今、日本のサッカー人口は増加する一方であり、その人気は衰えることを知りません。

サッカーファンが増加する中、サッカー関連のメーカーで働きたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

サッカーの競技人口は学生に多く、サッカー関連のメーカーに就職したいと思う学生も多いようです。

つまり、サッカー業界への就職は、ライバルが多いということでもあります。

この記事では、「有名なサッカーメーカーはどんなところがあるのか?」という基礎的な部分から、「サッカー関連メーカーに就職できるのはどのような人なのか?」「どのような人材が求められるのか?」ということ、そして、サッカー関連メーカーの就職選考基準などを紹介していきます。

「サッカー関連のメーカーに就職したい!」という方はぜひ参考にしてみてください。

有名なサッカーメーカーといえばどんなメーカーがあるの?

サッカーメーカーへの就職を目指すなら、まずは基本となる有名なサッカーメーカーを知っておく必要があります。

サッカーメーカーへの就職は、サッカーへの愛情も大事であり、サッカーメーカーにはどういうメーカーがあるかを知っておくことは、決して損になりません。

ここでは、4つのメーカー(ブランド)をご紹介します。

ATHLETA(アスレタ)

まずは、アレスタ。

アレスタは、ブラジル生まれの元祖フットサルブランドです。

サッカー経験者から愛されているブランドですが、サッカー経験者でなくとも、そのカジュアルさからカジュアルウェアとして着用する人もいるほどの人気ぶりです。

東京ヴェルディもオフィシャルウェアとしてユニフォームに採用しているブランドで、抜群の人気を誇っています。

Nike (ナイキ)

世界のトップスポーツブランドであるナイキですが、その人気の秘訣はデザイン性だけではありません。

ナイキが独自で開発したDRI-FITを採用し、吸汗速乾性に優れている点も人気の秘訣なのです。

ナイキは、ブラジル代表やパリサンジェルマン、チェルシーなど、数多くのチームのユニフォームを手がけていて、そのデザイン性や機能性の良さ、そして、人気の高さがわかります。

soccerjunky(サッカージャンキー)

ファッション性の高いサッカージャンキーは、メインキャラクターのフレンチブルドッグでおなじみのブランドです。

カラフルでファッショナブルなデザインがカッコいいウェアが数多くあります。

人気の理由は、ファッション性だけでなく機能性の高さにもあります。

横浜FCや元日本代表の松井大輔がサプライヤー契約をしています。

Umbro(アンブロ)

アンブロは、イギリスのマンチェスター発祥のブランドです。

アンブロは、独自に開発したU/DRYを採用しています。

これによって、優れた吸汗速乾性が期待できます。

また、FLEXUM-3Dジャージによって高いストレッチ性を出すことに成功。

機能性の高いブランドです。

動きやすさをとことん追及したモデルであり、デザイン性も良いことから、特に女性に人気のブランドとなっています。

他にもサッカー関連メーカーはある

これまでに紹介したメーカーの他にも、アシックス、ミズノ、アディダス、プーマ、ムラサキスポーツなど、就職先として選べるサッカー関連の就職先は数多くあります。

サッカー関連メーカーに就職できるのってどんな人?どんな人材が求められるの?

サッカー関連のメーカーについて紹介してきましたが、次に、サッカー関連のメーカーに就職できるのはどのような人なのか、どのような人材が求められるか、詳しく見ていきましょう。

スポーツが好きな人

サッカーやスポーツが好きであっても、そこは大きなアピールポイントにはなりません。

大切なのは、「スポーツが好きであり、何ができるのか?」という点です。

もちろん、サッカーやスポーツが好きであることは、就職したあと、仕事に対するモチベーションを保つためにとても大切なことです。

しかし、面接の段階では、「サッカーやスポーツを通して何を得たのか?」「サッカーやスポーツから何を学び、何を経験したのか?」そして、「それを仕事にどのように活かすことができるのか」などをアピールする必要があります。

グローバルに活躍できる人

サッカーメーカーやスポーツショップの中には、積極的に海外進出している会社も数多く存在します。

したがって、海外進出しているサッカーメーカーに就職したい人は、グローバルに活躍できるスキルやチャレンジ精神が必要になってくるでしょう。

留学経験やTOIECの点数があれば、それもアピールポイントになります。

また、サッカーメーカーは、日々、新しい商品の開発や研究、そして、販売先の新規開拓をしています。

今ある現状に満足せず、新たなデザインや機能性などにチャレンジしていく気持ちのある人材が求められる世界です。

時には専門知識が必要な場合も

一見、サッカーメーカーとは関係のなさそうな、理工学部や美術学部卒業の人たちも、サッカーメーカーを支えています。

それはなぜかというと、商品のデザインは美術学部を卒業した人たちが活躍できる分野であり、アスリートたちの履くシューズなどの細かな設計は理工学部を卒業した人たちが活躍できる分野であるからです。

様々な学部出身者から成り立つのがサッカーメーカーである、ということを覚えておいてください。

サッカー関連メーカーの就職の選考基準ってどんな感じなの?

サッカーメーカーであっても、その選考基準は他業種と大きく異なることはありません。

一般的には、書類選考から面接、そして内定が決まるという流れです。

サッカーメーカーの特徴として挙げられる点は、インターンシップを取り入れている場合が多いということ。

インターンシップを取り入れる理由としては、インターンシップの期間中に実際の業務や社風に触れてもらうことができること、そして、人材の適性をいち早く判断することができることが挙げられます。

つまり、就職後、即戦力として活躍できる人材を見つけることができるという大きな利点があります。

また、就活生側も、インターンシップで実際の業務を体験することによって、就職後のミスマッチを防ぐことができるほか、企業に自身をアピールするチャンスとなります。

サッカーメーカーに就職したいと思っている方は、インターンシップに参加するといいでしょう。

サッカー関連メーカーに就職を目指すなら他業種の研究も忘れるべからず!

サッカー関連のメーカーに就職をしたい希望するなら、他業種の研究もおすすめです。

その理由は何なのか、解説していきます!

ビジネスモデルを学べるから

まず、他業種を学ぶことによって、優良なビジネスモデルを学ぶことができます。

サッカーメーカーは商品の開発や商品化、売ることが業務の内容です。

つまり、「サッカーメーカーで働く」場合、その中心は「スポーツ」ではなく、あくまでも「ビジネス」となります。

他業種のマーケティング戦略を学び、アイデアを得ることは、サッカーメーカー内で優位性を保つこととなります。

また、自分自身の視野を広げ、可能性や能力を上げるためにも、他業種の研究は必要です。

志望理由を強化するため

他業種を見つめたり研究することで、自分自身の適性を理解することができます。

その結果、「どうして自分はサッカーメーカーで働きたいのだろう?」という志望理由を明らかにすることができます。

これを自分自身の中できちんと理解していないと、面接時に的外れな答え方をしてしまうこともあります。

他業種の研究を通して、サッカーメーカーで働きたい理由について、自分なりの答えを用意できるようにしておきましょう。

まとめ

ここまで、有名なサッカーメーカーにはどういうところがあるのか、また、サッカーメーカーに求められるのはどういう人材なのか、サッカーメーカーの選考基準や他業種を研究する意味などについて解説してきました。

サッカーメーカーに就職したいと思う方は、ぜひ、この記事で紹介したことを参考にして就活に臨んでみてください。

サッカーメーカーに就職が決まるよう、心から願っています!


参考記事一覧

【スポーツメーカーへ就職するには】業界の状況と求められる人物像

スポーツメーカーに就職するための方法~求められる人物像や文系・理系が求められる職種を紹介~

スポーツメーカー就職を目指す人が他業界を見た方が良い理由3つ

サッカー・フットサルウェアの人気ブランドランキングTOP30【最新版】

 
最新の
スポーツビジネス情報を
お届けします。
HALF TIME 無料会員登録特典

・イベント先行案内
・最新スポーツビジネス情報
・スポーツ関連プロジェクト求人案内

HALF TIME 無料会員に登録