IoT製品やSNSの活用など多様化するテニスのマーケティング

テニス業界にもマーケティングが徐々に広がり始めています。日本国内ではテニスの日というものが制定され、テニス全体の広がりが加速しています。

日本人選手が活躍すると放送チャンネルの契約数が増えたり、製品が売れたりといったことが起こります。また、世界では、ネットワークを使ったデジタルマーケティングが主流になっています。このように、国内と世界で、テニスによるマーケティングは広がっているのです。

日本人選手の活躍による経済効果

日本のテニス界では、近年の日本人選手の活躍によってテニスの注目度が上昇しています。

テニス用品の売上が上昇し、テニスを積極的に放送する放送局との契約者数も増加するなど、経済効果がもたらされています。

 ・テニス用品の売れ行きが上がる

日本人のテニス選手の活躍に伴って、テニス用品の売上がアップしました。

代表的な例を紹介します。

2014年、錦織圭選手が全米オープンで準優勝。

そのとき、ユニクロでは高額なレプリカテニスウェアが販売されましたが、そのレプリカテニスウェアは各店で完売が相次ぐ大ヒット商品となりました。

さらに、錦織選手が大会で使ったラケットメーカーのウィルソンでも売り上げが上昇するなど、テニス用品の売り上げが増加しました。

・試合を独占放送している放送局との契約が増加

日本人選手の活躍によって、テニス放送に力を入れているWOWOWの契約者数が激増しています。

スポーツの中でも特にテニスに力を入れているWOWOW。

大坂なおみ選手が全米オープンで優勝した次の月から契約者数が激増し、2018年9月の新規加入者は前年の2.2倍に達しました。

また、この月、累計加入者数も293万3617件となるなど、過去最高の加入者数を記録しています。

ちなみに、新規加入者が最も多かったのは2014年9月。

契約件数が約15万件にのぼりましたが、この月は、錦織圭選手が全米オープンで決勝進出を果たしています。

このように、日本人選手が活躍すると、それを放送する放送局の契約者数も増える傾向にあるのです。

日本人選手の活躍による経済効果

日本のテニス界では、近年の日本人選手の活躍によってテニスの注目度が上昇しています。

テニス用品の売上が上昇し、テニスを積極的に放送する放送局との契約者数も増加するなど、経済効果がもたらされています。

 ・テニス用品の売れ行きが上がる

日本人のテニス選手の活躍に伴って、テニス用品の売上がアップしました。

代表的な例を紹介します。

2014年、錦織圭選手が全米オープンで準優勝。

そのとき、ユニクロでは高額なレプリカテニスウェアが販売されましたが、そのレプリカテニスウェアは各店で完売が相次ぐ大ヒット商品となりました。

さらに、錦織選手が大会で使ったラケットメーカーのウィルソンでも売り上げが上昇するなど、テニス用品の売り上げが増加しました。

・試合を独占放送している放送局との契約が増加

日本人選手の活躍によって、テニス放送に力を入れているWOWOWの契約者数が激増しています。

スポーツの中でも特にテニスに力を入れているWOWOW。

大坂なおみ選手が全米オープンで優勝した次の月から契約者数が激増し、2018年9月の新規加入者は前年の2.2倍に達しました。

また、この月、累計加入者数も293万3617件となるなど、過去最高の加入者数を記録しています。

ちなみに、新規加入者が最も多かったのは2014年9月。

契約件数が約15万件にのぼりましたが、この月は、錦織圭選手が全米オープンで決勝進出を果たしています。

このように、日本人選手が活躍すると、それを放送する放送局の契約者数も増える傾向にあるのです。

vートの無料開放や利用料の割引、親子で出場できるテニス大会など、テニスを思い切り楽しめるイベントが目白押しです。

こういったイベントに参加することで、テニスを始めてみようとする方も多いようです。

SNSでの情報発信

日本では、テニスの日というような参加型のイベントでテニス界を盛り上げようとしています。

それに対して、海外では、全豪オープンのツイッター利用など、SNS によって広げようという動きが目立ちます。

・全豪オープンではツイッターで写真・動画の配信

全豪オープンでは、ツイッターで投稿された写真や動画を世界中の方が楽しみました。

この配信では、テレビで特定のシーンが盛り上がった際に、すぐに動画をあげるという工夫がなされていて、テレビのシーンをより詳しく楽しめるようになっていました。

テレビをサポートするような役割をツイッターにもたせることによって、テレビとツイッター両方での盛り上がりを狙ったのでしょう。

・大事なのは質よりも圧倒的スピード

全豪オープンの際に優先されたのは、質よりも圧倒的なスピードで動画などを投稿することです。

特定のシーンが盛り上がったら、すぐに動画を投稿します。

そうすることで、試合映像に世界中からコメントが寄せられる「リアルタイムなまとめサイト」としての役割を担っていたのです。

まとめサイトのような役割を担うことで、視聴者をさらに加熱させることができ、大会をより白熱したものにしました。

ちなみに、全豪オープンのツイッター動画はそこまで質の高いものではありません。

編集や特別な演出もなく、再生時間もバラバラです。

映像が中途半端に終わることも珍しくなく、オリンピックのツイッター動画と比べるとお粗末です。

つまり、質はともあれ「熱中しているタイミングで動画を出す」ということを第一に考えてアップされた動画なのです。

話題になっているタイミングで一気に更新することで、より多くの人に知ってもらう。

こういった戦略が当たり、全豪オープンのツイッターは世界を代表するスポーツアカウントになりました。

IoT商品の登場

・Iot商品とは

IoT 商品とは従来のものに通信機能を搭載することにより、機能をひろげた商品のことです。

スマホとの連携で運動データを回収し、回収したデータを基にアプリがアドバイスをくれたり、ランニングデータを見てダイエットに活かすなどの商品が開発されています。

こういった IoT 商品はテニス界でも販売されています。

・QLIPP

テニスにIoTを反映した商品で有名なのが、シンガポールの企業が開発したクリップというシリーズです。

クリップ型センサーをラケットに装着してプレーするだけで、スピンの数やサーブの速度、ラケットに当たったポイントなどが分かります。

こういったデータを使用することでプレイヤーの上達に役に立つのです。

また、クリップはリアルタイムでフィードバックしてくれるだけでなく、ビデオ映像を用いてのプレイバックが可能です。

そのため、プレイヤー同士で意見の交換もできます。

テニスの練習をサポートして、上達しやすくすることでテニスの輪を広げようということなのです。

・テニスのIoT 製品市場は 競合が少ない

クリップを開発した9Degrees Freedom社は、そこまで大きな企業ではありませんでした。

そこで、市場規模がそこまで大きいとは言えないテニスのIoT製品業界に乗り出したのです。

実際、2018年6月17日の段階で、テニスの IoT 製品を研究している会社は世界で4社しかありません。

まだまだ発展途上の市場なので、これからどういった拡大を見せるのかが注目されています。

まとめ

テニス業界におけるマーケティングは、そこまで発達しているとは言いがたいものですが、その流れは着実に広がっています。

日本ではイベント優先のマーケティングが、そして、世界ではツイッターなどを利用したネットワーク型のマーケティングが利用されています。

IoT 製品の活用も進んでいますが、日本人選手が試合で活躍すればするほど、こういった広がりは大きくなるでしょう。

参考記事一覧

テニスの日の由来は?どんなイベントがあるの?(うっかりママの「今日は何の日?」忘備録)

テニスをイベントマーケティングで普及させる(村上 大のweb site)

IOTでテニスに旋風を巻き起こせ。QLIPPの国際的マーケティング戦略。(SPERPO JOURNAL)

IoTとは(フリエン)

大坂なおみ効果、WOWOWの9月新規加入者2倍(日本経済新聞)

 
最新の
スポーツビジネス情報を
お届けします。
HALF TIME 無料会員登録特典

・イベント先行案内
・最新スポーツビジネス情報
・スポーツ関連プロジェクト求人案内

HALF TIME 無料会員に登録