テニスのタイブレークとは?ルールと流れを解説!

3セットマッチであれば2セットを、5セットマッチであれば3セットを先にとった方が勝ちとなるテニス。

この1セットは基本、6ゲームを先取した方が勝ちとなりますが、「6-6」となった場合、決着をつけるための延長戦「タイブレーク」にもつれこみます。

本記事では、タイブレークについて、詳しく解説しています。

タイブレークとは

テニスの一般的な試合では、先に6ゲームを取った方がそのセットを制したことになりますが、その際、2ゲーム以上リードすることが条件となっています。

しかし、選手の実力が拮抗している場合、「6-6」となることも少なくありません。

そんな時に用いられるのがタイブレークです。

タイブレークとは、ゲームカウントが6対6になった時にのみ行われるミニゲームのこと。

1971年に初めて導入されたシステムであり、このタイブレークに勝った選手がそのセットを制するのです。

通常、テニスのゲームのスコアは0、15、30となっていますが、タイブレークの際は1、2、3と増えていきます。

タイブレークは7ポイントを先にとった方が勝ちですが、この場合も、2ポイント差がつくことが条件となっています。

タイブレークを用いる理由

タイブレークが導入されたのは「試合時間の短縮」のため。

テニスの試合は、1試合が3時間を越えることもよくあるため、試合時間を短くすることで、大会をスムーズに運営すること、そして、選手に無駄な負担をかけることを防ぐことができるのです。

ゲームカウント6対6でタイブレークを行うのが通常ですが、大会によっては5対5で行う場合も。

試合の大会要項を確認してみるといいでしょう。

スーパータイブレーク

試合時間を短縮するためのシステムとして、タイブレークの他に「スーパータイブレーク」というものもあります。

これは、4大大会の1つである全豪オープン、最終セットで採用されているものであり、タイブレークと違うのが10ポイント先取である、ということ。

10ポイントマッチタイブレークとも呼ばれます。

タイブレークの流れ

写真提供 = flou gaupr / Unsplash.com

通常、タイブレークでは先に7ポイント獲得した選手が勝ちとなります。しかし、その際に注意しなければいけないのが、2ポイント差をつけなければ勝負がつかないということ。

サーブの仕方や、ポイントの数え方にも、独特なルールと流れがあるので注意が必要です。

サーブの交代

通常、テニスでは、1ゲームが終わるまで同じ選手がサーブをします。

自分のコートの右側を「デュースサイド」、コートの左側を「アドバンテージサイド」といいますが、デュースサイドからはじめて、次にアドバンテージサイド、と順にサーブします。

一方、タイブレークは、最初の一本を除いて、2ポイント目以降はサーブ権が交代します。

1ポイント目のサーブは、1人目の選手がデュースサイドから、2ポイント目になると、相手選手がアドバンテージサイドからサーブ、3ポイント目は2ポイント目と同じ選手がデュースサイドから、そして、4ポイント目は最初の選手がアドバンテージサイドから、サーブを行います。

サーブは、デュースサイドとアドバンテージサイドの交互に行われるのは変わりませんが、1ポイント目のサーバーは1回目のサーブだけ、2ポイント目以降は2ポイントずつサーブしながら、ゲームが進む、と覚えておくといいでしょう。

チェンジコート

タイブレークでは、チェンジコートが行われます。

最初にチェンジコートが行われるのは、スコアが6-0や4-2など、2組の合計ポイントが6になった時。

2度目は、合計ポイントが12ポイントに、3度目は18ポイントになった時に行われます。

このチェンジコートは休憩時間でもありますが、タイブレークのチェンジコートの際には、座って休むことはできません。

ドリンクを飲む程度で、コートを入れ替わる必要があるのです。

ポイントの数え方

ゲーム中とタイブレークでは、1ポイントごとの点数と呼び名が異なります。

以下の表は、ゲーム中とタイブレーク中のスコアの数え方です。

 ゲーム中タイブレークスーパータイブレーク
00(ラブ)0(ゼロ)0(ゼロ)
1点目15(フィフティーン)1(ワン)1(ワン)
2点目30(サーティー)2(ツー)2(ツー)
3点目40(フォーティー)3(スリー)3(スリー)

タイブレーク中とスーパータイブレーク中のポイントは、1点ずつ数えていくのでとてもシンプルです。

また、アナウンスする際は、先にサーバー側のポイントがアナウンスされます。

タイブレークのルールは大会によって異なるものも

前述した通り、タイブレークは、ゲームカウントが6対6になった時に行われます。

しかし、大会によってそのルールは異なることも。

その例として挙げられるのがグランドスラムと言われるテニスの世界4大大会です。

まず、全米オープンでは、通常の6-6のタイブレークが行われますが、全豪オープンは、ファイナルセットが6対6の時、10ポイント先取のマッチタイブレークが行われます。

また、ウィンブルドンでは、ファイナルセットが12-12でタイブレークになります。

そして、全仏オープンには、タイブレークは導入されていません。そのため、2ゲーム差がつくまでエンドレスで試合が行われるのです。

ウィンブルドンで12-12の場合にタイブレークを導入するようになったのが2019年。

この背景には、2010年に行われたイズナー選手vsマウ選手の試合(試合時間は3日間と11時間)や、2018年のイズナー選手vsアンダーソン選手の試合(試合時間は6時間36分)が大きく影響しているといわれています。

まとめ

今回は、テニスのタイブレークについて解説しました。

試合の時間短縮や選手の必要以上の体力消耗を考慮して導入されたタイブレーク。

通常のテニスのゲームとはスコアの数え方やサーブの仕方が違い、同じタイブレークでも大会によってルールが異なるため、その大会のタイブレークの条件・ルールを確認しながら観てみてください。

(TOP写真提供 = DENCHIK / Unsplash.com)


《参考記事一覧》

テニスのタイブレークのルールややり方は?【図で解説】(Tennisやろうよ)

今さら聞けないテニスのイロハ〜第2回 テニスの「タイブレーク」について〜(THE TENNIS DAILY)

テニスのタイブレークとは?ルールを解説(テニスベア)

テニスのスーパータイブレークとは?タイブレークとどう違うのか(テニナゾ)

ウィンブルドンもファイナルセットにタイブレーク導入(見るテニス)

80 【図解&動画付き】テニスのタイブレークを超徹底解説(テニスセルフジャッジ超解説)

 
最新の
スポーツビジネス情報を
お届けします。
HALF TIME 無料会員登録特典

・イベント先行案内
・最新スポーツビジネス情報
・スポーツ関連プロジェクト求人案内

HALF TIME 無料会員に登録