野球の歴史|起源やルールの変化、甲子園の歴史について分かりやすく紹介

「野球って、いつ、どこで始まったのだろう」と考えたことのある野球ファンの方は少なくないのではないでしょうか。

野球の原型は、実は化石人類と呼ばれる人の時代には開発されていたとされています。

そんな野球の歴史について、分かりやすく紹介していきます。

野球に対する理解が深まり、もっと楽しめるようになるので、ぜひ最後までお読みください。

野球の起源

野球の起源は、先行人類の頃。

当時、人類は、石を投げて動物を捕獲していたとされていますが、その当時の石が、アフリカの地中海沿岸地域で発見されています。

現在、野球で使われているボールと同じくらいの大きさのものですが、これは、威力や命中率がちょうどいいと判断されたためだとさています。

そこから時代が進み、古代エジプトでは、棒で打ったボールがどう飛ぶかで、農作物の出来を占う儀式が流行しました。

野球の起源は、生活のための儀式や狩りの手法だったといえます。

ラ・シュールからラウンダーズ・ワンオールドキャットへ

野球につながるのは、12世紀頃、フランスで生み出された「ラ・シュール」というもの。

2チームに分かれて、手足と棒をつかって敵の陣地にある2本の杭の間にボールを通すゲームで、野球だけでなくさまざまな球技の起源であるといわれています。

死者やけが人が出ることもあったものの、人気の競技だったとされています。

このラ・シュールから派生したのが、「ワンオールドキャット」と「ラウンダーズ」。

「ワンオールドキャット」は、バッターが打ったボールをワンバウンドまででキャッチしたプレーヤーが次の打者になる、というルール以外、定められたルールはありません。

一方、「ラウンダーズ」は、五角形のグラウンドを用い、中央にピッチャー、打者の後ろにキャッチャーを配置。袋に小石を詰めたボールをバッターが船のオールなどで打ち返し、グラウンドを1周すると1点、走っているうちにボールを当てられるとアウトというものでした。

現在でも、野球と同じ1チーム9人制で、全員アウトで1イニング終了。攻守を交代しての、2イニング制で行われています。

ルールが制定されたのはアメリカ「タウンボール」

様々な国で実施されていた野球の原型のスポーツは、アメリカにも伝わります。伝わってきた当初、ルールが曖昧で、プレーする度にルールが違っていたとされています。

そんな中、ニューヨークで消防団を作ったアレクサンダー・カートライトは、団員の運動不足とチームワークの強化を狙い、ラウンダーズを採用。「ニューヨーク・ニッカーボッカーズ」というチームを作りました。

そして、しっかり定められていなかったラウンダーズのルールを定め、プレー時の混乱を防止する取り組みを始めたのです。

カートライト氏は、団員と話し合いながら意見をまとめ、1845年にルールを策定。ラウンダーズをよりしっかりルール化した「タウンボール」が生まれたのです。

1846年6月19日に野球の最初の試合、ニッカーボッカーズ対ニューヨーク・ナインが行われましたが、この試合は1-23でニッカーボッカーズの敗北に終わりました。

この日は「ベースボール記念日」と呼ばれています。

タウンボールのルールとは

タウンボールで定められたルールは、

  • ゲームの人数
  • 攻撃と守備
  • アウトのルール
  • 交代基準
  • 勝敗

についてのもの。

具体的には

  • チームの人数は攻撃、守備9人ずつにすること
  • 一方のチームが攻撃中の場合、もう一方のチームはフィールドで守備を行う
  • 打者が3球空振りをし、3球目をキャッチャーが捕球するとアウト
  • 打球がノーバウンドかワンバウンドで捕球されるとアウト
  • 3アウトで攻守交代
  • 21点先取で勝利

というものでした。

現在の野球と異なる部分もあるものの、現在まで引き継がれているルールがこの当時制定されたものであることが分かります。

ルール変更によって野球に近づいてきた

先述のルールが採用されてのち、少しずつルール変更を重ねて現在の野球になっていきます。

たとえば、1857年には21点先取制から9回終了時の得点を競うというものに、1864年にはワンバウンドではなくノーバウンドのみがアウトとされるようになりました。

また、投球は下手投げのみで、打者のコース指定が可能とされていましたが、これを撤廃。9ボールで出塁できるとされていたものも、1889年には4ボールで出塁可能とになりました。

日本に伝わったのは1872年

写真提供 = mTaira / Shutterstock.com

日本に野球が伝わったのは、1872年のこと。

開成高校のアメリカ人講師「ホーレス・ウィルソン」が野球のボールを持ち込み、学生に野球を教えたことがきっかけとされています。

そして、1878年には、アメリカに留学していた平岡ひろし氏によって日本で初めての野球チーム、新橋アスレチック倶楽部がつくられました。

甲子園の歴史

1915年、初の全国高校野球大会が大阪の豊中球場で開催されました。優勝したのは、京都二中(現・京都府立鳥羽高等学校)。

第3回大会から甲子園球場が完成する1924年の第10回大会まで、豊中球場から鳴尾球場に会場が移ります。

1924年からは、春の選抜高校野球が開催されるように。ただし、その会場は、甲子園球場ではなく、名古屋の山本球場が用いられました。

こうして始まった高校野球でしたが、1941年から1945年まで、戦争のため中止されます。

1946年には、大会こそ開催されたものの、敗戦の影響で地方大会は行われませんでした。

戦後も戦争の影響が続き、沖縄県以外の県が地方大会に参加したのは1954年のこと。1958年に沖縄県が加わり、ようやく全都道府県で実施されるようになったのです。

そこから現在に至るまで、途切れることなく開催されてきましたが、2020年は新型コロナウイルスの影響でトーナメント中止となっています。

野球の歴史を知ることができる博物館・資料館

日本国内には、野球の歴史を知ることができる博物館や資料館があります。

ここでは、

  • 野球資料館 の・ボールミュージアム
  • 甲子園歴史館
  • 野球殿堂博物館

を紹介します。

野球資料館 の・ボールミュージアム

愛媛県松山市にある野球資料館で、正岡子規が野球と書いて「の・ぼうる」と読んだことがネーミングの由来です。

松山坊っちゃんスタジアム内にある施設で、バーチャルピッチングやゲームを楽しむことも可能。

プロ野球コーナーには、スタジアムで開催されたオールスターゲームのパネルや、イチロー選手や松井秀喜選手などの品を展示。そして、アマチュア野球コーナーには、愛媛県に野球を伝えた正岡子規の像や愛媛の野球年表が展示されているほか、甲子園の名場面ダイジェストなどの放送をしています。

甲子園歴史館

甲子園球場レフトスタンド下にある、甲子園歴史館。高校野球や阪神タイガースの名場面や名シーン、甲子園球場でプレーしたスター選手の映像や貴重品を展示しています。

また、甲子園球場の歴史や誕生秘話、戦時中のエピソードなど、すべての球児の憧れである甲子園球場について学習できる施設です。

野球殿堂博物館

東京ドーム内にある野球殿堂博物館。日本野球の発展に貢献した選手を称え、その功績を保存していくための施設です。

館内には、各球団の前年に活躍した選手グッズを紹介するコーナーのほか、野球を気軽に体験できるコーナー、特別展示などがあります。

プロ野球の名場面を上映するシアターもあり、一度は足を運びたい施設といえるでしょう。

まとめ

野球ははるか昔から親しまれてきた、歴史の長いスポーツです。

日本に伝わったのは1870年代。戦前、戦中、戦後と歴史を刻む中で、いまの形ができ、楽しめていると考えると、とても感慨深いものがあります。

野球の歴史を知ることで、もっと深く楽しむことが出来るでしょう。

(TOP写真提供 = David Lee / Shutterstock.com)


《参考記事一覧》

野球歴史資料館の・ボールミュージアム(じゃらん)

【野球の歴史】国民的人気スポーツ・野球が歩んできた歴史とは?(tabiyori どんな時も旅日和に)

甲子園歴史館について(甲子園歴史館)

公益財団法人野球殿堂博物館

野球ファンの聖地! 東京ドーム内の「野球殿堂博物館」におでかけしよう♪(ちくわ。)

野球の歴史を深堀り!起源やルール改正・名選手までどこよりも詳しく解説! (Sposhiru.com)

野球体育博物館 パンフレット

野球の歴史とは?発祥の国や始まり・起源はいつから?( Activeる!)

野球図鑑(スポランド)

野球の発祥はいつどこで?いくつかある説を解説!野球の起源とされるマイナースポーツも紹介!(FUNDO)

ラウンダーズとは(コトバンク)

 
最新の
スポーツビジネス情報を
お届けします。
HALF TIME 無料会員登録特典

・イベント先行案内
・最新スポーツビジネス情報
・スポーツ関連プロジェクト求人案内

HALF TIME 無料会員に登録