ゴルフのプロテストとは? ~プロテストの流れと費用について

プロゴルファーには、トーナメントプレーヤー(TP)とティーチングプロ(TCP)の2種類の資格があります。TPになるためには、ゴルフの技能を重視した「プロテスト」をクリアしなければなりません。また、TCPになるためには、指導技能と広範な知識を有しているかが問われます。他にも、実技の審査、講習会、試験の合格という厳しい過程を経て、はれてTCPに認定されるのです。

本記事では、プロテストについて解説します。

プロテストとは

プロテストは、男女によって、認定する協会が違います。また、男子においては、TPとTCPにおいても認定を受ける協会が異なるので、プロテストを受ける方は注意が必要です。

男子TPの場合(PGA資格認定プロテスト)

男子の場合、認定は日本プロゴルフ協会(JPGA)が行ないます。TPを取得するためのプロテストには、申込年度に16歳以上であれば誰でも申し込みできます。テストの流れは、プレ予選から始まり、1次、2次、最終プロテストと、計4段階の実技を行います。そして、最終プロテストで上位50位タイまでの人が合格となります。

女子TPの場合(LPGAプロテスト)

女子のTP認定は、日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)が行ないます。プロテストが受けられる年齢は、最終プロテスト開催年度の4月1日時点に満17歳以上と決められています。また、資格条件ではないのですが、推奨ハンディキャップ(HDCP)は、JGA/USGA HDCP インデックス5.0以下となっています。

女子のTPのプロテストには、プレ予選はありません。そのため、1次、2次、最終プロテストの3段階の実技を経て、最終プロテストで上位20位タイまでの人が合格となります。

男子TCPの場合

JGAが認定します。ゴルフ指導技術に優れ、広範にわたるゴルフ知識及びPGA指導要領を取得した者に付与され、ゴルフの普及と発展を目的に活動するための資格です。

性別は問いませんが、受験年度に20歳以上である人が、テストに申し込むことができます。資格取得までの流れは、以下の通りです。

  1. 書類審査
  2. プレ実技審査
  3. 実技審査
  4. 筆記試験・面接審査
  5. ティーチングプロB級講習会を受講

A級資格を取得したい人は、さらにA級講習会を受講します。

女子TCPの場合

認定はJLPGAが行ないます。健全なゴルファーの育成と、ゴルフ技術、ルール及びマナーを研究練磨し、その指導普及を図ることを目的にTCPの育成が行なわれています。

テストに申し込めるのは、受験年度に18歳以上に達する高校卒業程度の学力を有する者です。以下が、資格取得までの流れです。

  1. 書類審査・面接審査
  2. 筆記テスト
  3. プレ実技審査と実技審査
  4. 最終審査とガイダンスを受講

これらを通過すると、TCP B級講習会受講生になることができます。その後、 B級講習会、A級講習会と入会審査を経てTCPとしてJLPGAに入会します。

プロテストの流れと費用

写真提供 = Steven Shircliff / Unsplash.com

男子TPプロテストの場合

今年2021年に行われているプロテストでは、プレ予選が5月〜6月中に茨城と兵庫の2会場3つの日程・2日間・36ホールストロークプレーで行われています。プレ予選の上位通過者が、6月に千葉と岡山の2会場・2日間・36ホールストロークプレーで行われる1次プロテストに進みます。さらに1次プロテストの通過者が6月から7月の間に茨城・石川・岡山の3会場・3日間・54ホールストロークプレーで行われる2次プロテストに進みます。最終プロテストは8月下旬から9月にかけて4日間・72ホールストロークプレーで北海道1会場で行われます。前述した通り、合格するのは、最終テストで50位タイまでの選手です。

受験料の内訳は以下の通りです。受験料だけでも、合計金額は307,000円にもなります。

プレ予選64,000円
1次プロテスト81,000円
2次プロテスト81,000円
最終プロテスト81,000円

そして、プロテストの合格したら、PGA入会金の460,000円が加わります。つまり、受験料と入会金だけを合わせても767,000円かかります。

それ以外にも、別途プレーフィーや、テスト開催会場への交通費や宿泊費なども必要になりますので、プロテスト費用、少なくても1.5百万円はかかります。

女子TPプロテストの場合

2021年に行われるテストの流れは、1次予選は、8月〜9月に全国5か所で行われます。期間は3日間で、54ホールストロークプレー。そして、2次プロテストは、10月に茨城・滋賀・岡山の3会場・4日間・72ホールストロークプレーで行われます。最終プロテストは11月に、4日間・72ホールストロークプレーで京都1会場で行われます。合格するのは、最終テストで20位タイまでの選手です。

費用は以下内訳の通り、受験料だけでも合計200,000円(税別)がかかります。

一次プロテスト40,000円
2次プロテスト60,000円
最終プロテスト100,000円

男子で述べた通り、上記以外にも入会金600,000円、プレーフィーや旅費や宿泊費、入会金や会費等が必要です。

男子TCP資格取得までの流れと費用

2021年に行われているTCPプロテストは、4月下旬の書類審査に通過した人が、プレ実技審査として6月に群馬で2日間・36ホールストロークプレーを行ないます。

そして、実技審査では、プレ実技通過者と推薦を受けて受験する人で、2日間・36ホールストロークプレーを行ないます。続いて、8月下旬に面接審査と筆記試験があります。1年に渡る講習会を受けると、B級のTCP資格を取得することができるようになります。

ちなみに、公式大会などで優秀な成績を収めた選手には、プロテストの実技が免除される制度があります。

こちらのプロテストでかかる費用は、以下の通りです。

受験料64,000円
プレ審査通過後58,000円
講習会参加費用(前期)401,500円
講習会参加費用(後期)236,500円

以上に加えて、TP同様の入会金460,000円やプレーフィー、実技実習の宿泊費や食事代がかかるので、 B級の資格取得までに約1.5百万円以上はかかることになるでしょう。

女子TCP資格取得までの流れと費用

書類審査、面接審査と筆記テストを通過した人は、プレ実技審査・実技審査に進みます。

プレ実技審査は、6月に群馬で2日間・36ホールストロークプレーを行なわれ、実技審査では、2日間・36ホールストロークプレーを行ないます。

その後、最終審査とJLPGAガイダンスが行われます。そこでやっと、TCP B級講習会受講生となり登録されます。そこからB級講習会を前期4期、後期2期の計6期、A級講習会前期2期、後期2期の計4期を経て入会審査としての実技36ホールストロークプレーと面接・小論文を受験、合格者は4年目にしてJLPGA入会となります。

費用は、審査料などだけで約120,0000円(税別)がかかります。以下内訳です。

審査料約20,000円
プレ実技審査料約50,000円
実技審査料約50,000円
最終審査とガイダンス受講料約10,000円

また初年度に登録料160,000円とB級講習会1期分受講料が90,000円かかり初年度合計は380,000円になります。その後、2年目にはB級講習会2〜6期分受講料・登録料合計で550,000円、3年目にA級4期分受講料・登録料・入会審査料合計で340,000円、さらにA級資格認定料100,000円、入会金600,000円、年会費72,000円かかるので、総合計は約2,000,000円(いずれも税別)になります。

プロテストの合格率

2018年度の男女の合格率は、男子が8.4%、女子が4.6%でした。

2019年度は、男子が10.5%、女子が3.3%でした。

 男女とも合格者数が決まっていますので、受験者数次第で合格率は上下しますが、いずれにしても狭き門です。

ともに年齢の下限はありますが、上限はありませんので、過去には男性で70歳で受験した人や、最高齢では63歳8か月で合格した人もいます。女性でも43歳1か月で合格した人がいます。ゴルフの腕前があれば、年齢は大きなハンデにはならないようです。

まとめ

プロテストについて解説してきましたが、TP・TCPいずれにしても合格率は低く、費用もかかる大変なテストです。

ゴルフが好きで生涯の仕事としてやっていきたい覚悟があれば、やりがいのある挑戦になると思います。この記事が、ゴルフのプロテストを目指す方の参考になれば、幸いです。

(TOP写真提供 = Luis Villasmil / Unsplash.com)


《参考記事一覧》

トーナメントプレーヤー入会の流れ (PGAホームページ)

2021年度 プロテスト (JLPGAホームページ)

ティーチングプロ資格認定制度 (PGAホームページ)

ティーチングプロフェッショナル (JLPGAホームページ)

 
最新の
スポーツビジネス情報を
お届けします。
HALF TIME 無料会員登録特典

・イベント先行案内
・最新スポーツビジネス情報
・スポーツ関連プロジェクト求人案内

HALF TIME 無料会員に登録