これぞイチロー伝説!「レーザー」&「スパイダー」の秘密を徹底解説!

世界のイチロー。日本人であれば、知らない人はいないのではないでしょうか?

数々の伝説を作り上げ、その名を世界に轟かせた日本人プロ野球選手です。

本記事では、そのイチローさんの伝説劇「イチロー伝説」を紹介しています。

イチローとはどんな人なのでしょうか。また、イチロー伝説と謳われるほどの実績とはどのようなものであり、海外からみたイチローはどう映っているのでしょうか。

どうぞご覧ください。

イチローとは

イチローとは、現在はメジャーリーグのシアトル・マリナーズにて会長付特別補佐兼インストラクターを務めている、元プロ野球選手です。

プロフィールを、下表で簡単にまとめました。

本名鈴木 一朗(すずき いちろう)
生年月日1973年10月22日
出身地愛知県西春日井郡豊山町初の首位
血液型B型
特徴右投左打

日本プロ野球においては、最多タイ記録となる首位打者を7回も獲得し、パ・リーグ最多記録でもある最多安打を5回獲得しています。

そして、メジャーリーグでのイチロー伝説は下記のとおり。

  • 10シーズン連続で200本安打を達成する。     
  • アジア人で初の首位打者と、盗塁王のタイトルを獲得。
  • アジア人史上初のシーズンMVP・シルバースラッガー賞・ゴールドグラブ賞(10シーズン連続)を受賞。
  • アジア人史上3人目(日本人で3人目、アジア人打者では初)の新人王を受賞。

これらの実績から、2025年の米国野球殿堂入りは確実だと言われています。

イチロー氏の伝説

写真提供 = Dustin Bryson / Unsplash.com

上記の功績だけでも、十分と言えるほどの伝説は築き上げられているのですが、これらの他にもまだ、イチロー伝説は続きます。

1995年、阪神大震災が起こった年にイチローは、

  • 「首位打者」
  • 「打点王」
  • 「盗塁王」
  • 「最多安打」
  • 「最高出塁率」

を獲得。史上初の「打者五冠王」に輝きました。

ちなみに、打点王と盗塁王の同時獲得も、日本プロ野球史上初の快挙です。

震災の影響で調整が不十分だったにもかかわらず、復興を目指す「神戸のシンボル」的存在として見事期待に応えました。

復興のシンボルとしての責任感と同時に、イチローの全盛期の1つとも言えるでしょう。

レーザービーム

海を渡ってきた日本人の強肩によって、アメリカの球場が興奮の渦に包まれました。

2001年4月11日のアスレチックス戦、8回1死1塁。1塁走者だったアスレチックスのテレンス・ロング選手は、2塁を蹴って一気に3塁を狙っていました。

そしてバッターから放たれた、ライト前への打球に猛チャージしたイチローは、スムーズな動きから3塁へ矢のような送球。糸を引くような軌道ボールは、ノーバウンドで見事なストライク送球となり、走者を刺しました。

このとき、実況者が「レーザービーム」と表現した神送球に、観客は大興奮。スーパープレーが称えられ、イチロー伝説となりました。

「マリナーズ公式ツイッター」が当時のイチロー伝説動画を公開すると、再生回数65万回を瞬く間に突破し、ファンからはこのようなメッセージが挙がりました。

決してこの試合を忘れない。レジェンド到来の日だ!

塁審まで驚いてるように見えるね

これすごく覚えてる。彼の肩は本当にすごいよ

イチローは歴代トップ10に必ず入る選手。他の人がどう言おうとも

昨日のことのように覚えてる

日本では「レーザービーム」ですが、メジャーリーグでは、インパクトのある送球「the Throw」と呼ばれています。

この強肩は、選手としての全盛期を表すと共に、高度なキャッチング技術を必要とすることは、言うまでもないでしょう。

スパイダーマンキャッチ

まさに忍者のようなプレーが起き、イチロー伝説となったのは、2005年5月2日のエンゼルス戦です。

7回1死1塁。そして、4番アンダーソンがすくい上げた打球は右翼への大飛球でした。これに、右翼を守っていたイチローは、打球に背を向けたままフェンス際に追い込まれました。

しかし、勢いそのままに飛び上がると、右足のスパイクでフェンスを登りながら蹴り、今度は反対の足でもうひと伸びし、グラブでキャッチ。そのまま尻もちをつきかけ体勢を崩しましたが、ボールを離すことなく、すぐさま内野に送球すると、球場はスタンディングオベーションでイチローを称えました。

このイチロー伝説プレーに、ファンからは、

なんてこった…!!

正真正銘、私が見た中で最も素晴らしくて美しいキャッチのひとつ

判断ミスを補ってキャッチしたことは、本当にすごい

イチローはアニメの世界から飛び出してきたキャラクターで、この世界で捕まってしまったのかもしれないね

バウンドしているボールを打ったりもしているよね…

と、数々の驚きの声が挙がりました。

イチロー氏の海外の反応

海外からは、イチローはどのようにみえているのでしょうか?

国内での評判は言うまでもないのですが、国外ではどう評価されているのか見てみましょう。

Tonight, retired 45-year-old Ichiro caught a baseball with a bizarre behind-the-back maneuver during @Mariners BP.  Only it wasn’t bizarre. Not for him. He does this, because he controls the universe. #ThanksIchiro」 

今晩、45歳で引退したイチローがマリナーズでのバッティング練習の際に、奇妙でなんとも巧みなビハインド・ザ・バック・ムーブでボールをキャッチした。ただしそれは実際にはそれは奇妙ではないのである。そう、彼にとっては。 彼はそれを当たり前のように事も無げにする、なぜならば世界は彼の思うがままなのだから#ありがとうイチロー

It’s Ichiro Weekend. So naturally, Ichiro is doing Ichiro things.

今週末は「イチロー・セレブレーション・ウィークエンド」なので当然、イチローはイチローらしいことをします

Ichiro must be a wizard

イチローは魔法使いに違いない

上記の他にも、たくさんの声があります。

日本だけではなく、世界からみたとしても、イチローとはとてつもない存在だったといことが分かりますね。

まとめ

今回は、イチロー伝説について解説してきました。

イチローなら、今でも現役で活躍できると期待したファンの方は、数多くいることでしょう。

惜しくも2019年3月に引退宣言しまいましたが、有終の美を日本で見られたことは光栄です。

あの人間離れしたスーパープレイを見ることが出来ないことは残念ですが、今後、指導者としても大きな期待を背負うイチローの未来に期待ですね。

打撃・走塁・守備すべてに秀でたスーパースターの姿は、いつまでもイチロー伝説として残ることでしょう。

(TOP写真提供 = Caitlin Conner / Unsplash.com)


《参考記事一覧》

イチロー氏、ちょうど16年前の“伝説キャッチ”が再脚光 米称賛「もう2度と現れない」(full-counnt)

イチローの凄さ&全盛期の伝説!天才の偉業まとめ【今のうちに知っておきたい】(Carat Woman)

イチロー氏、19年前の“レーザービーム誕生”の瞬間に米興奮「塁審まで驚いてる」(THE ANSEWR)

イチロー氏、伝説のスパイダーキャッチが再脚光 米記者驚愕「間違いなく非現実的」(full-count)

MLB公式「イチローは魔法使い」引退後もスーパープレイが話題に(不思議な海外)

最新スポーツビジネス情報を
もれなくお届けします。
最先端のスポーツビジネスがよくわかる HALF TIME 会員登録特典

・最新情報満載のメールマガジン
・新着求人のご紹介
・イベント情報のご紹介 など

会員登録はこちら