日本の伝統文化の1つ「剣道」。その概要と歴史を詳しく紹介します

竹刀で面・胴・小手・突き垂れを打突し勝敗を決める「武道」である剣道。

日本の伝統文化の1つであり、試合での勝敗ももちろんですが、武道の精神から礼儀作法等の人間形成を目指すスポーツでもあります。

本記事では、剣道の概要と歴史について紹介していきます。

剣道とは

剣道とは、スポーツの1種目であると同時に、人間形成を目指すという側面をもつもの。

日本発祥のスポーツの柔道は、オリンピック競技の種目に加わったことで、度重なるルール変更など世界に基準をあわせてきましたが、剣道はオリンピック競技の種目に加わることなく、独自の判定基準を今も守っています。

全日本剣道連盟は剣道の理念を「剣の理法の修練による人間形成の道(どう)」とし、その心構えとして「剣道を正しく真剣に学び、心身を練磨して旺盛なる気力を養い、剣道の特性を通じて礼節をとうとび 審議を重んじ誠を尽して 常に自己の修養に務め 以って国家社会を愛して 広く人類の平和繁栄に 寄与せんとするものである」としています。

つまり、剣道は単なるスポーツ競技ではなく、修練を通じて人間形成を図るものであるといえるでしょう。

剣道のルール

剣道は、試合場・竹刀・剣道具・服装・試合時間・勝敗の決定方法・有効打突・禁止行為を以下のように定めています。

①試合場:板張りが原則、一辺が9メートル〜11メートルの正方形または長方形

②竹刀:竹または全剣連が認めた化学製品、四つ割りの構造、長さ・重さ・太さに中学生・高校生・大学生一般の3つの区分に分けられ、男女別に基準がある

③剣道具: 面、小手、胴、垂を用いる

④服装: 剣道着・袴、名札に規格あり

⑤試合時間: 小学生低学年は2分、小学校高学年から中学生は3分、高校生から大学生は4分、一般は5分(試合時間は各大会によって変化します)

⑥勝敗の決定: 3本勝負(2本先取したほうが勝利)

⑦有効打突: 充実した気勢、適正な姿勢、竹刀の打突部で打突部位を刃筋正しく打突し、残心あるもの。「刃筋正しく」とは、細則で「竹刀の打突方向と刃部の向きが同一方向である場合とする」と規定

⑧禁止行為・非礼な言動など: 禁止物質の使用、審判員または相手に対する非礼な言動は負けとされ退場。また、不正用具の使用などは定められた処置を受ける

剣道の発祥地とその由来

写真提供 = Anna Jurkovska / Shutterstock.com

鉄の発見とともに、剣は世界各国で作られ、それを扱う操作技術も各国で確立されているため、それぞれの国で剣を扱う文化はありますが、剣道は、日本の武士が生活をする中で生まれてきた、日本独特の文化です。

剣道の歴史

剣道の歴史を説明するには、剣術の歴史に触れなくてはなりません。日本独特のしのぎ造りの日本刀は、平安時代の中頃に出現し、鎌倉時代に武士政権が生まれて以来、日本人は日本刀を用いた真剣勝負の剣術を磨くことで、乱世を乗り切って来ました。その間、いろいろな流派が生まれましたが、江戸時代以降は平和な時代が訪れ、剣術は人を殺す技術から、武士としての人間形成を目指す方策となりました。

その中から、江戸時代正徳年間(1711年〜1715年)に長沼四郎左衛門国郷が確立した、打ち込み稽古法が生まれました。この稽古は、剣道具(防具)を着用し、竹製の竹刀で打ち込むもので、今日の剣道の直接的なルーツと言われています。

その後、宝暦年間(1789年〜1801年)に一刀流派が、鉄面を付け竹具足式の剣道具(防具)を用いた稽古法を採用すると、多くの流派に波及し、流派の垣根を越えて他流試合や武者修行も行われました。玄武館の千葉周作は、竹刀打ち剣術の技の体系化を行い、その中の多くの技の名前が今日でも使われています。

明治時代に入り、士農工商の階級制度は廃止され、帯刀は禁止され、剣術は下火になりましたが、警視庁の設置をきっかけに復活、大正時代に入ると剣道という言葉が使われることになります。

戦時中は剣道は抑圧されていましたが、戦後の1952年に全日本剣道連盟が結成され、剣道は海外にも広がり、1970年には国際剣道連盟が結成されました。オリンピック種目にはならない独自の道を歩んでいますが、2021年には第18回の世界剣道選手権大会がフランスで行われる予定となっています。

剣道道具の歴史

竹刀の歴史

竹刀が発明される以前は、剣術の稽古には模造刀や木刀を利用していましたが、寸止めができなかった場合、大きな怪我や事故につながっていました。そこで戦国時代に兵法の達人であった、上泉伊勢守秀綱が竹刀を考案したと言われています。当時の竹刀は、一本の竹をいくつかに割り、革を被せて筒状に縫い合せた「袋竹刀」と呼ばれていました。

その後、江戸時代後期には、袋竹刀よりもしなりにくい四つ割り竹刀が発明され、同時に防具も発明されたことで、剣道場への入門者が飛躍的に増えたそうです。

竹刀に最適な竹は、日本産の真竹と言われますが、最近では穫れにくくなり主に台湾製の桂竹が使われています。現在ではカーボン竹刀や、竹の表面に特殊なコーティングをしたバイオ竹刀も開発・販売されています。

剣道具(防具)の歴史

稽古での怪我や事故を防ぐことを目的に、打ち込み稽古法の誕生と同時期に防具が発明されました。

原型は戦国武将が身に付けていた甲冑です。甲冑は鉄でできていたため、重量は重いもので40キロもしたそうです。

稽古にそのような重量のものは不適ですので、軽量化した胴が作られ、剣道の普及とともに改良され、なめし革を貼り、漆で固めたものが作られました。江戸時代の後期には、ほぼ現在と同様な剣道具を身につけた写真が残っています。

現代では素材の進歩とともに、カーボンが使われたり、皮革を使っていた部分には、安価で耐久性のある人工皮革が使われたりしており、さらに最も進化したのは剣道具の清潔性を保つために抗菌・防臭加工技術や洗える素材を取り入れたものもあります。

まとめ

剣道は、稽古を通して武士の精神を学ぶ競技です。オリンピック種目にはなっていませんが、短い時間の中で集中力を高め、乾坤一擲の精神で一本にかける姿勢は観る側も引きこまれます。世界でも人気のある剣道の今後も気になるところです。

(TOP写真提供 = DONGSEUN YANG / Shutterstock.com)


《参考記事一覧》

剣道の歴史 (全日本剣道連盟)

剣道の竹刀、その起源から今に至る進化の歴史 (エンタメ剣道!)

剣道防具の歴史と現在 (剣道ナビ)

【剣道の歴史のすべて】平安から令和まで完全解説!(Kenjoy!!)

 
最新の
スポーツビジネス情報を
お届けします。
HALF TIME 無料会員登録特典

・イベント先行案内
・最新スポーツビジネス情報
・スポーツ関連プロジェクト求人案内

HALF TIME 無料会員に登録