ラグビーの試合時間は何分?選手の人数や世代によって時間が違う!

メディアで注目されるようになったことで、テレビで試合中継されることも多くなったラグビー。ただ、これまでラグビーファンにしか注目されてこなかったスポーツだけに、ルールが分からないという方もいるでしょう。

今回のテーマは、ラグビーの試合時間です。選手の人数や試合をする選手の世代によって、試合時間が異なるので注意が必要です。

それでは、最後までご覧ください。

ラグビーの試合時間

試合は基本的に1チーム15人、両チーム合計30人で行います。しかし、1チーム7人で行われる「セブンズ」という試合も存在します。

出場する選手が1チーム15人と7人の場合では試合時間も異なるので、順番にご紹介していきます。

1チーム15人の試合時間

まず、1チーム15人でプレーする際は、前半40分間・後半40分間の合計80分間。また、前半と後半の間で、選手の休憩や作戦を立てるためのハーフタイムがあります。

ルール上、このハーフタイムは10分以内とされていますが、40分間と定められている前後半の試合時間とは異なり、主催者や協会、管轄機関などが決めることが可能です。そのためハーフタイムは大会によって時間が異なります。

ただ、ほとんどの場合10分程度で行われ、

「前半40分間+ハーフタイム約10分間+後半40分間」

の約90分間が一般的な流れです。

実際の試合時間は90分以上

前述した通り、基本的に試合は約90分で行われますが、途中でロスタイムなどがあるため、時間きっかりに終了することはほとんどありません。

ロスタイムとは、試合において競技者の交代・負傷者のアピールや怪我の程度の判断・負傷者の搬出などにより、空費された時間のことです。

これらが原因で試合時間が削られた場合、相手チームにとっては不公平になる可能性がありますので、空費時間での公平を期するために設けられています。

しかし、ラグビーではロスタイムは1度につき1分以内と決められているため、1分を過ぎたら、怪我をした選手がまだ治療中で交代していなくても、試合は再開されます。

ただし、選手の怪我がひどく、処置やフィールドから選手を運び出すのに時間がかかる場合は、審判の判断で1分を過ぎても試合が再開されません。つまり、ロスタイムの裁量は審判に委ねられています。

ラグビーは、選手同士が激しくぶつかり合うため、怪我をしたり交代したりすることも多く、ロスタイムが発生しない試合はほとんどありません。

1チーム7人の試合時間

1チーム7人で試合を行う「セブンズ」の場合、前半7分間・後半7分間の7分ハーフで行われますが、大会の決勝戦だけは10分ハーフで行うことができる例外があります。

セブンズにもハーフタイムがあり、その時間は2分間。人数の少ないセブンズであったとしても、使用するフィールドは15人制のと同じ広さのため、試合時間がより短くなっています。

また、ラグビーはサッカーと同じような試合時間の構成になっていますが、運動量を考慮してか、比較するとプレー時間が短くなっています。

世代別ラグビーの試合時間

写真提供 = Philippa Rose-Tite / Unsplash.com

社会人で構成されるジャパンラグビーなどのトップリーグの試合や、W杯といった世界的な大会での試合時間は、約90分間。

また、大学ラグビーやアマチュアの大会でも、選手が成人の場合は同じです。つまり、選手の世代によって試合時間が変化するのは、成人以下の選手が出場する試合に限られます。

高校生の試合時間

選手が19歳以下であった場合(15人制)は、前後半30分のハーフ。つまり、前半10分間、後半10分間の計20分ほど時間が短くなっています。

ちなみに、ハーフタイムも短く5分程度です。

試合時間が短く設定されている理由は、ラグビーが高校生の体への負担が大きいスポーツであるため。19歳以下ですから、高校ラグビーの試合時間も

「前半30分間+ハーフタイム約5分間+後半30分間」

の合わせて約65分です。

ただし、「冬の花園」「ラグビーの甲子園」などと呼ばれている、全国高等学校ラグビーフットボール大会は、1回戦だけは試合時間が約55分

「前半25分間+ハーフタイム約5分間+後半25分間」

となっています。

これは選手の負担軽減のためだけでなく、大会の運営上の都合もあるようです。

中学生の試合時間

ジュニアラグビーと呼ばれている中学ラグビーの時間は、ハーフタイムは19歳以下の時間と同じですが、試合時間は少し短く設定されています。

理由は、中学生は体が未発達のため。試合時間は20分ハーフですので、

「前半20分間+ハーフタイム約5分間+後半20分間」

の合わせて約45分で試合が行われます。

延長戦がある場合

得点の方法が細かに設定されているラグビーでは、両チームの得点が同じになることがほとんどありません。

もしも後半のロスタイムが終了しても同点だった場合には、延長戦が行われます。延長戦の試合時間は10分ハーフで、前半戦と後半戦の間に約5分間のハーフタイムが設けられています。

そして、計20分の延長戦でも決着がつかなかった場合には、10分間のサドンデス方式での延長戦で決着。サドンデス方式は、どちらかのチームが得点をした時点で勝敗が決定するというルールです。ラクビーの場合、トライ以外にペナルティーゴールやドロップゴールなどで得点が入っても試合終了となります。

日本国内トップリーグ戦や日本選手権などで延長戦が行われる場合は、すぐにこのサドンデス方式で決着します。

それでも決着がつかなかったら

サドンデス方式での延長戦で、どちらのチームも得点がなく10分間の試合時間が終了した場合は、キッキングコンペティションで決着をつけます。

キッキングコンペティションは、簡単にいうとサッカーPK戦のラグビー版です。それぞれのチームから選ばれた選手5人が蹴る場所を変えて、順番にゴールキックを行います。 

後攻のチームの5人目の選手が蹴って、両チームの得点が同じだった場合は、6人目からサドンデス方式が採用。そして、一方のチームが成功し、もう一方のチームが失敗するまで続けられます。

19歳以下は延長戦がない

延長戦が行われるのは、成人選手の試合のみです。そのため、高校生や中学生の試合では延長戦はありません。

理由は、19歳以下の試合時間が短く設定されているのと同じで、体への負担が大きく体力の消耗が激しいため。成長段階にある世代の試合時間を延長することは、健康上相応しくないと考えられています。

延長戦のない19歳以下の試合では、試合時間内でのトライ数の多さで勝敗を決め、トライ数も同じだった場合には抽選(くじ引き)で勝敗を決めるのが一般的です。

また、最初から抽選で勝敗を決める場合もあります。

まとめ

今回は、ラグビーの試合時間について解説してきました。

世代によって試合時間が異なっている理由は、選手の体への負担を考慮してのことです。特に、19歳以下の未成年にとって、負担のかかる過激なプレーは望ましくありません。

ラグビーの試合時間を理解すると、試合を観戦していても終了間近の緊張感が味わえるなど、十分楽しめることでしょう。

本記事が、ラグビーの試合時間について知りたい方の参考になれば幸いです。

(TOP写真提供 = Thomas Serer / Unsplash.com)


《参考記事一覧》

基礎知識!ラグビーの競技時間ってどのくらい?(調整さんwith)

ラグビーの試合時間は何分?延長戦や7人制ラグビーの場合も解説(LOOHCS)

7人制と15人制。オリンピック正式種目「女子ラグビー」のすべて(OTEMON VIEW)

知っておくと面白い?ラグビー豆知識 #1ルール(横浜市)

 
最新の
スポーツビジネス情報を
お届けします。
HALF TIME 無料会員登録特典

・イベント先行案内
・最新スポーツビジネス情報
・スポーツ関連プロジェクト求人案内

HALF TIME 無料会員に登録