競技人口No.1のバレーボール|その市場規模とは?

全世界に5億人いるとされるバレーボールの競技人口。

世界で最も多くの人にプレーされているスポーツですが、その市場規模はどれくらいなのでしょうか。

この記事では、バレーボールの市場規模について、今後の予測とあわせて紹介します。

バレーボールの市場規模が気になる方、必見です。

世界のバレーボール競技人口は約5億人

世界のバレーボール競技人口は、約5億人。これは、全てのスポーツ競技の中で最多の競技人口数です。

ちなみに、2位はバスケットボールで4.5億人、3位はサッカーで2.6億人と続きます。

一方、日本のバレーボール行動者(1年のうちにそのスポーツを実施した人)は45万人。バスケットボール(39万人)やソフトボール(35万人)より多いとされています。

国内競技登録人口は約42万人であり、男女別に見ると、男性が約15万人、女性が27万人と、女性が圧倒的に多いことが分かります。

この傾向は学生の部活でも顕著に現れており、2019年の中学生部活動競技人数をみると、男子の1位はサッカー、2位が野球で、バレーボールは8位だったのに対し、女子の1位はソフトテニス、2位がバレーボールとなっています。

高校の部活動では、バレーボールは女子の1位となっているのに対し、男子は8位。

学生の世代においても、「女子のスポーツ」というイメージが強いといえるでしょう。

バレーボールの国内出荷市場規模推移

市場規模とは、事業分野の市場の大きさのこと。

具体的には、取引の見込み総額のことであり、国内出荷市場とは「日本国内における出荷の取引見込み総額」といいかえることができます。

つまり、バレーボールの国内出荷市場規模とは、「バレーボール関連品がどの程度、国内で出荷され取引が実施されたか」という指標となります。

バレーボールの国内出荷市場規模は、2015年が101億7千万円、2016年が101億4千万円、2017年が107億5千万円、2018年が99億3千万円、そして、2019年は99億7千万円となっています。

野球・ソフトボールが約700億、テニスが500億、サッカーが600億であることと比べると、バレーボールの市場の規模は小さいといえるでしょう。

競技人口が他の競技よりも多いにも関わらず、バレーボールの出荷市場規模が小さいのは、「バレーボールがお金のかからないスポーツ」であるから、といえるかもしれません。

このようなデータから見れば、スポーツの人気と市場規模は必ずしも比例しないといえるでしょう。

バレーボール市場の主要企業

写真提供 = ivSky / Shutterstock.com

バレーボールでは、ボール、ネット、ポール、シューズといった用具を使用します。

ここからは、それぞれの主要企業を紹介していきます。

ボール

2020年現在、国際大会をはじめとするバレーボールは、株式会社ミカサによって製造されています。

ミカサは、主にゴム製品を作る会社で、水中軸受や船舶用のゴム巻きなどを製作。スポーツ分野では、バレーボールのほかにも、バスケットボールやハンドボール、ドッジボールなどのボールも作っています。

2024年までに開催されるすべてのバレーボールとビーチバレー公式大会でミカサのボールを使用することが決定していますが、2021年に開催されるオリンピックでもミカサのボールが使用されます。

バレーボール業界ではおなじみのメーカーであり、普段から使用している、という方も多いことでしょう。

ネット・支柱

公式大会で使われるネットや支柱を制作しているのは、セノー株式会社です。

セノーのバレーネットは、相手選手を見やすく設計されているだけでなく、強度もしっかりしており、その品質の高さが認められて、国際バレーボール連盟とオフィシャルサプライヤー契約を結んでいます。

世界バレーやワールドカップ、グランドチャンピオンシップやヨーロッパ・アジアの各種大会、Vリーグなど多くの大会や試合で使われています。

シューズ

バレーボールシューズは、MIZUNOやasics、アディダスなど、多くの企業から販売されています。

その価格帯は1万円を切るものから2万円以上のものまで幅広くありますが、最も多いのは1万円台のもの。

メーカーによって機能性が異なるため、求める機能を備えたシューズをいろいろ試してみると良いでしょう。

大幅な成長が見込まれるバレーボール産業市場

世界のバレーボール産業の市場規模は、2020年から2024年の間、200億円規模で成長することが見込まれています。

大幅な成長が見込まれている理由として挙げられるのは、近年の健康ブームによるスポーツ人口の増加や国内・国外リーグの盛り上がりなど。

日本では、国の方針としてスポーツビジネスの市場規模を2025年までに15兆円に成長させしようとしており、バレーボールの市場規模も成長することが見込まれているのです。

その鍵となるのは、やはり、2021年に開催予定のオリンピックといえるでしょう。

新型コロナウイルスの蔓延によって1年間延期となったものの、開催されれば日本のスポーツ産業は大きく前進するといわれています。

また、日本バレーボール協会の発表によると、バレーボールの関心度の高さは、フィギュアスケート、野球、サッカーに次ぐ4位であり、高校スポーツの興味度でも、甲子園、高校サッカーの次に春高バレーがランクインするなど、健闘しています。

これらの要因から、国内、国外のバレーボール市場は、今後大幅に拡大していくことが期待されます。

まとめ

バレーボールは、全世界で最もプレーされているスポーツです。

国がスポーツビジネスの拡大を推し進める中、健康ブームやリーグ戦・大会の増加によって、市場規模が拡大していくと予想されています。

ボールと場所があれば気軽にプレーすることができ、敷居の低いスポーツともいえるバレーボール。

今後の市場規模に注目しましょう。

(TOP写真提供 = PhotoProCorp / Shutterstock.com)


《参考記事一覧》

2020年のバレーボール市場の成長において進化している主要企業は何ですか?(おもちゃ屋パーク)

市場調査レポート: バレーボール用具の世界市場:2020年~2024年(Global Information, Inc.)

世界と日本のスポーツ市場規模|25兆円の目標を達成するためには?(HALF TIME Magazine)

競技人口・ファン拡大について 日本バレーボール協会の取り組み(公益財団法人日本バレーボール協会)

スポーツ用品市場に関する調査を実施(2020年) | ニュース・トピックス(矢野経済研究所)

各スポーツ競技の競技人口(世界全体)ランキング(「読書の力」名言,雑誌,電子書籍情報etc)

バレーボールの競技人口はどれくらい?カテゴリーや男女での比較も紹介!(Sposhiru.com)

部活動の人数 スポーツ競技種目別の人気ランキング【高校生編】(にいがたの地域活性化を応援するブログ)

日本のスポーツ競技人口ランキング(ランキングにっぽん)

中央競技団体現況調査2016

協賛企業一覧(2020-21シーズン)(バレーボール Vリーグ コーポレートサイト)

事業内容(株式会社ミカサ MIKASA|ボール・スポーツ用品・コーポレートサイト)

バレーボール(Senoh セノー株式会社)

バレーボールシューズ(バレーボール専門店 | スポーツショップGALLERY・2 – スポーツ用品の超専門店&通販)

 
最新の
スポーツビジネス情報を
お届けします。
HALF TIME 無料会員登録特典

・イベント先行案内
・最新スポーツビジネス情報
・スポーツ関連プロジェクト求人案内

HALF TIME 無料会員に登録