Jリーグ発足の歴史は?Jリーグ発足時の「オリジナル10」とは何のこと?

Jリーグを観戦している方は多いと思いますが、Jリーグはどのように発展してきたのだろうか、と疑問に思うことはないでしょうか。この記事では、Jリーグの歴史や、Jリーグ発足時のチームについて、分かりやすく解説します。発足時からあるチームの歴史についても知ることができます。

【Jリーグ発足】Jリーグの歴史について

J League
Jubilo Iwata
写真提供 = mooinblack / Shutterstock.com

サッカーのJリーグが誕生したのは1993年のことです。この時にJリーグに参加したのは、10チームであり、これらのチームは「オリジナル10」と呼ばれています。

Jリーグに参加するチーム数は年々増え、1993年発足時に10チームであったチーム数は1998年には18チームになり、1999年にはJ1・J2の2部制となりました。

その後、2004年にJ3が創設され、J1・J2・J3の3部制となっています。

年間の成績に応じてJ1・J2・J3の入れ替えがあるため、それぞれに所属するチームは毎年変わる仕組みです。

 Jリーグが開幕した1993年と翌年の1994年は、延長VゴールとPK戦方式で勝敗を決めていました。決着をつけて終わることで、ファンを惹きつけるという狙いがあったのです。

1993年と1994年の勝ち点制度は、90分の試合時間内で勝利しても 、延長戦やPK戦での勝利でも、同じ1点とされていました。

1995年からは、勝利が3ポイント、PK 勝利が1ポイントとする制度が導入されます。そして、1997年にはPK戦が廃止され、勝ち点制度は90分での勝利が3点、延長戦での勝利が2点、引き分けた場合は1点となりました。

2003年には延長戦が廃止され、勝利した時の勝ち点が3点で、引き分けの際の勝ち点は1点という現在の形になっています。

オリジナル10とは?

前述した通り 、Jリーグ発足時に所属していた10チームを「オリジナル10」と呼びます。

「オリジナル10」は

  • 鹿島アントラーズ
  • ジェフユナイテッド市原
  • 浦和レッドダイヤモンズ
  • ヴェルディ川崎
  • 横浜マリノス
  • 横浜フリューゲルス
  • 清水エスパルス
  • 名古屋グランパスエイト
  • ガンバ大阪
  • サンフレッチェ広島

の10チームです。

10チームがどのように選ばれたのか、その選定過程についてみてきましょう。

オリジナル10の選定過程

 Jリーグ発足時のチームである「オリジナル10」には、参加要件が設けられていました。

その参加要件は

  • 法人であること
  • ホームタウンが確立されていること
  • 15,000人以上収容可能なナイター設備付きの球技場が確保されていること
  • 下部組織が運営されていること
  • 18人のプロ選手と契約していること

などです。

 当時、サッカーチームの大半は企業の傘下だったため、かなり高いハードルと思われました。

Jリーグ発足時のチーム数は10と紹介しましたが、参加希望を表明したのは20の団体です。

ここから、当初の予定では8チームに絞る予定でしたが、バブルによる好景気や社会貢献ブームによって加入を希望する団体が多かったため、8チームから10チームにチーム数が増やされています。

最初の選考では、地域のバランスや実力などを考慮し、古河電気(ジェフユナイテッド千葉)、読売クラブ(ヴェルディ川崎)、日産自動車(横浜マリノス)、松下電器(ガンバ大阪)、トヨタ自動車(名古屋グランパス)、全日空(横浜フリューゲルス)、三菱(浦和レッズ)、マツダ(サンフレッチェ広島)の8つのクラブが内定を得ました。

そして、残り2つの枠を、清水市民クラブ、ヤマハ、ヤンマー、日立製作所、フジタ、住友金属の6つのクラブで争うことになったのです。

残り2枠のうちの1枠に決まったのが、高校総体サッカー競技場の日本平運動公園球技場を所持していた清水(清水エスパルス)です。

残り1枠は、天皇杯優勝経験のあるヤマハ、ヤンマー、日立、フジタで争われました。

その結果、「観客席に屋根の付いた1万5000人収容のサッカー専用競技場を建設すること」という条件をクリアした住友金属が最後の1枠を手にしました。(現:鹿島アントラーズ)

このように、オリジナル10の決定にはかなりの紆余曲折がありましたが、加入を逃したヤマハや日立、フジタは1995年までに Jリーグに参入しています。

オリジナル10のうち、J2に降格してしまったチームは?

オリジナル10のうち、 J2に降格経験があるのは

  • ジェフユナイテッド市原
  • 浦和レッズ
  • ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)
  • 清水エスパルス
  • 名古屋グランパス
  • ガンバ大阪
  • サンフレッチェ広島

の7チームです。

どのチームも、強豪チームとしても、Jリーグ上位の常連チームとしても有名ですが、 J2に降格してしまった経験もあるのです。

オリジナル10の中でいまだ降格なしのチームはあるのか?

オリジナル10の中で、降格なしのチームは横浜 F マリノスと鹿島アントラーズの2チームです。

横浜 F マリノスは、フリューゲルスと横浜マリノスが合併して出来たチームなので、創設から降格がないチームは、鹿島アントラーズだけです。 

まとめ

 発足時、10チームだったJリーグですが、今では54チームが所属し、J1・J2・J3の3部リーグになっています。

Jリーグに加入するためには、様々な基準が設けられているため、それをクリア するために、各チームは様々な工夫を凝らしています。

「オリジナル10」と呼ばれる発足時のチームで残っているのは9チームですが、その9チームは現在でも人気を誇っています。

Jリーグの歴史を知り、発足時のチームの活躍に注目しながら観戦すると、新たな楽しみ方ができそうです。

(TOP写真提供 = mooinblack / Shutterstock.com)


《参考記事一覧》

Jリーグについて徹底解説(BETTING TOP 10)

サッカーJリーグ開幕時チームのオリジナル10一覧 日本プロサッカーリーグ1年目にはあの合併消滅クラブも…(FULLSPEC club)

サッカー(Jリーグ)のオリジナル10とは?J2に降格なしのチームは?(しかログ)

オリジナル10(wikipedia)

 
最新の
スポーツビジネス情報を
お届けします。
HALF TIME 無料会員登録特典

・イベント先行案内
・最新スポーツビジネス情報
・スポーツ関連プロジェクト求人案内

HALF TIME 無料会員に登録