ヘルスケアIT企業の取り組みとは?人気ランキングTOP5

ヘルスケア×ITとの関わり、また企業の取り組みについて知りたい方は必見。現状、健康志向の強い従業員育成や企業での取り組みについて課題が残されている社会的背景から、ヘルスケアとどのような関わりを持てばよいのか分からない企業担当者もいることでしょう。

また、ITを活用したヘルスケアの維持管理方法として、医療技術の取り込みや最先端のテクノロジーが挙げられます。

本記事では、ヘルスケアとIT企業との関わりや実際に取り組んでいる企業の人気ランキングなどについて解説しています。

ぜひ、最後までご覧ください。

ヘルスケア×ITの企業ランキングをご紹介!

ヘルスケア×IT企業のランキングを紹介します。

順位企業名
1位株式会社メドレー
2位株式会社イグナス
3位株式会社DeNAライフサイエンス
4位株式会社おいしい健康
5位株式会社Sun Asterisk

株式会社メドレー

株式会社メドレー」は、東京都に本社を置き、ヘルスケア事業を展開。ITの力を利用しヘルスケアのシステムの構築を、積極的に実施している企業です。

また、医療業界とのつながりを積極的に利用し、ヘルスケアなどの情報発信するなど

業界の盛り上げに努めている企業です。

株式会社イグナス

株式会社イグナス」は、主にヘルスケア企業と医療業界との間をとりもち、サービスを提供している企業です。

例えば、いま話題のVRシステムなどを取り入れた診断を可能にするなど、次世代の医療システムを構築してる企業です。

株式会社DeNAライフサイエンス

株式会社DeNAライフサイエンス」は、唾液などを使用し、遺伝子解析を行っている注目の企業です。

多くのIT企業がこの遺伝子分野に注目しており、遺伝子を解析するとどんな病気にかかりやすいか分析することも可能です。

株式会社おいしい健康

株式会社おいしい健康」は、クックパッド株式会社のヘルスケア事業部から始まった会社です。

管理栄養士監修によるレシピの献立作成などのサービスを提供しています。病気の予防・管理・ダイエットなどに活用されています。

IT技術によるフィットネス管理が可能で、健康嗜好の強い方にはおすすめです。

株式会社Sun Asterisk

「株式会社Sun Asterisk」は、エンジニアリングに特化したサービスを提供しているヘルスケア企業です。

顧客に対する利便性を高めるために、システム開発やプロダクトリリースを展開。チームで活動しているプロジェクトも多く、ビジネス性の高い業務を担っているところが特徴的です。

また、ストレスケアにも力を入れている人気のヘルスケア企業といえます。

ヘルスケアとIT企業の関わりとは…

写真提供 =National Cancer Institute / Unsplash.com

近年、ヘルスケアはIT企業と深く関わりを持ちますが、その事例としては医療業界が含まれます。例えば、下記の4つのカテゴリーに分類した際に、みられる各分野のイノベーションから新たな取り組みや関係性が見出されます。

  • 新規の医療機器および医薬品の開発
  • 既存の医療機器および医薬品の改善
  • 新たな医療データの活用および組み合わせ
  • 従来活用されなかった医療データの再利用

そもそも、ヘルスケアの考え方には、ウェルネスの概念が含まれます。

そのため、ウェルネス業界との親和性がみられることから、健康に対する意識もしくは意欲向上が目的とされてきました。

しかし、健康を維持するためには医療技術は不可欠であり、近年国家をあげてヘルスケアに取り組む傾向がみられます。

ヘルスケアに関する取り組みの詳細については、後述しますが、まずはヘルスケアにITがどのように関わっているのか理解しなければなりません。

ここでは、「コミュニケーション分野」「労働に関する分野」「システム分野」の3つのカテゴリーに分類して詳しく解説します。

コミュニケーション分野

ヘルスケアとITとの関わりのなかで、コミュニケーションの方法について課題がありました。

ヘルスケアといえば、医療や健康が主な考え方として重要なポイント。場合によっては緊急性がみられるケースもあり、即時対応が求められることもありました。

しかし、企業を取り巻く従来のコミュニケーション方法の主軸はFAXでしたが、近年はコミュニケーションツールの普及が進み円滑な業務が可能となりました。

例えば、チャットワークなどのコミュニケーションツールの活用などが挙げられます。

「チャット」と呼ばれる新しいIT技術が主流となっている昨今。ヘルスケアにおけるリアルタイムな対応が可能となりました。

労働に関連する分野

ヘルスケアにおけるウェルネスの概念は、従業員の健康を維持するためには重要。もちろん、日本が掲げる働き方改革に賛同する企業も少なくありません。

そのなかで、ストレスチェックや運動による業務への意欲増進などは、企業にとっても課題。ヘルスケアという考え方に基づき、ITと連動させたシステムを運用することで、労働分野のヘルスケアに寄与することでしょう。

システム分野

ヘルスケアのなかで、AI技術が注目されてきましたが、他にも「機械学習」「データサイエンス」が注目されています。

IT企業において、ヘルスケアとシステム分野の親和性を高めるためにも確実な情報を見出すことは重要なポイント。膨大な量のデータを処理するには、AIの技術を取り込んだり機械学習させることが主流となっています。

ヘルスケアとIT企業との関わりのなかで、データの取り扱い方は、今後の企業運営にも影響してくるため押さえておくべきポイントといえます。

注目のヘルスケア企業の取り組み

それでは、ヘルスケアとIT企業との関わりについて理解したところで、実際の取り組みについて知りたい方もいることでしょう。

ヘルスケア×IT企業において経済産業省が「ヘルスケアIT分野への民間投資活性化に向けて」という内容に基づき、社会的に健康意識を高める動きを推進しています。

具体的に経済産業省が発表した方針に基づいたヘルスケア企業の取り組みを紹介します。

ヘルスケアにおいて、IT技術は業務効率化だけでなく、従業員の健康志向の向上にも寄与することから実際に取り組んでいる企業も少なくありません。

ウェルネスの考え方と企業の方針によって、実際の行動に変化が見られますが、その基準として経済産業省がその方向性を示しています。

例えば、ヘルスケア民間投資により国民全体の健康意識を高めることを目的としているだけでなく、医療との連携が注目されています。ヘルスケア業界において、イノベーションが確立され普及していく見込みがあることから、その将来性があることが示唆されています。

ヘルスケアとITとの関わりのなかで、実際の企業における取り組みの内容は、下記のとおりです。

  • 認証、研修制度の充実
  • ヘルスケア関連のパッケージ化
  • 社会的実装

医療だけでなく健康分野のなかで、企業が取り組むべき事項であり、従業員の意識改革にも繋がるため導入を検討している企業も少なくありません。

まとめ

今回は、ヘルスケアとITとの関わりや人気企業のランキングなどについて解説してきました。

ヘルスケアの根幹には、ウェルネスという概念が存在しており、企業にとっても従業員の健康を考えなければならない時代が到来しています。

近年、ストレスチェックなどの取り組みをされている企業もありますが、そのような活動に加えてヘルスケアの考え方に基づいてイノベーションすることは重要。企業が抱えるヘルスケアに関連する課題を乗り越えるきっかけとなることでしょう。

本記事が、ヘルスケアとITとの関わりについて知りたい方の参考になれば幸いです。

(TOP写真提供 = National Cancer Institute  / Unsplash.com)


《参考記事一覧》

ヘルスケアITの有名企業5社を紹介!ITで健康を支える取り組みは?ヘルスケア業界への転職希望者は必見(ギークリーメディア)

今後拡大が期待される医療ITベンチャー企業とは?注目の企業27選をご紹介(アクロビジョン)

Johnson & Johnsonが1位に Gartnerのヘルスケアサプライチェーンランキング2020年版(テックターゲット)

今後10年でヘルスケアの世界に革新的変化をもたらす14の企業(ファーストグロー)

最新スポーツビジネス情報を
もれなくお届けします。
最先端のスポーツビジネスがよくわかる HALF TIME 会員登録特典

・最新情報満載のメールマガジン
・新着求人のご紹介
・イベント情報のご紹介 など

会員登録はこちら