東京オリンピック・パラリンピック注目の日本人水泳選手を紹介!

魅力的な選手が多い「水泳競技」。

みなさんは、何人の水泳選手をご存じですか?

今回は、数ある水泳競技のなかでも、以下の種目に出場する代表的な水泳選手を紹介します。

本記事では、オリンピック種目の「競泳」「飛び込み」「アーティスティックスイミング」、パラリンピック種目の「競泳」をメインに取り扱っています。

それでは、それぞれの種目に出場する選手、歴代水泳選手の人気ランキングをみていきましょう。

オリンピック出場選手

東京2020オリンピックに出場する水泳選手を、種目別に紹介します。

競泳

競泳とは、さまざまな距離や泳ぎ方で、その速さを競う競技のこと。「競泳ニッポン」とも呼ばれるほど、これまで多くのメダルを獲得してきました。

東京2020オリンピックには、男女合わせて35人の選手が出場しました。そのなかでも代表的な選手、男女5人を紹介します。

男子競泳選手

選手名出場種目出身地生年月日
入江 陵介100m背泳ぎ200m背泳ぎ400mメドレーリレー大阪府1990年1月24日
佐藤 翔馬100m平泳ぎ200m平泳ぎ混合400mメドレーリレー東京都2001年2月8日
瀬戸 大也200mバタフライ200m個人メドレー400m個人メドレー埼玉県1994年5月24日
萩野 公介200m個人メドレー800mリレー栃木県1994年8月15日
本多 灯200mバタフライ神奈川県2001年12月31日

女子競泳選手

選手名出場種目出身地生年月日
池江 璃花子400mリレー400mメドレーリレー混合400mメドレーリレー東京都2000年7月4日
大橋 悠依200m個人メドレー400m個人メドレー滋賀県1995年10月18日
白井 璃緒800mリレー兵庫県1999年9月10日
長谷川 涼香200mバタフライ東京都2000年1月25日
渡部 香生子100m平泳ぎ200m平泳ぎ400mメドレーリレー東京都1996年11月15日

飛び込み

飛び込みとは、ジャンプから入水までの演技と入水の美しさの点数で競う競技。板飛び込み、シンクロ板飛び込み、高飛び込み、シンクロ高飛び込みの4種目があります。

東京2020オリンピックには、男女合わせて11人の選手が出場します。そのなかでも代表的な選手、男女3人を紹介します。

男子飛び込み選手

選手名出場種目出身地生年月日
玉井 陸斗高飛び込み兵庫県2006年9月11日
寺内 健板飛び込みシンクロ板飛び込み兵庫県1980年8月7日
西田 玲雄高飛び込み大阪府2007年7月16日

女子飛び込み選手

選手名出場種目出身地生年月日
荒井 祭里高飛び込みシンクロ高飛び込み兵庫県2001年1月18日
板橋 美波シンクロ高飛び込み兵庫県2000年1月28日
三上 紗也可板飛び込み鳥取県2000年12月8日

アーティスティックスイミング

アーティスティックスイミングとは、水中で演技を行いその得点で競う競技。2人で演技を行う「デュエット」と、8人で演技を行う「チーム」の2種目があります。

東京2020オリンピックには、2種目あわせて8人の選手が出場します。そのなかでも2種目に出場する、2人を紹介します。

出場選手

選手名出場種目出身地生年月日
乾 友紀子デュエットチーム滋賀県1990年12月4日
吉田 萌デュエットチーム愛知県1995年7月2日

パラリンピック出場選手

パラリンピックに出場する水泳選手を、紹介します。

競泳

パラリンピックの競泳では、距離と泳ぎ方のほか、障がいの種類や程度によってクラスが分かれています。

東京2020パラリンピックには、男女合わせて27人の選手が出場します。そのなかでも代表的な選手、男女3人を紹介します。

男子競泳選手

選手名出場種目出身地生年月日
木村 敬一100mバタフライ(視覚障がいS11)滋賀県1990年9月11日
鈴木 孝幸50m自由形(運動機能障がいS4)200m自由形(運動機能障がいS4)150m個人メドレー(運動機能障がいSM4)静岡県1987年1月23日
東海林 大200m個人メドレー(知的障がい)山形県1999年3月9日

女子競泳選手

選手名出場種目出身地生年月日
宇津木 美都100m平泳ぎ(運動機能障がいSB8)京都府2003年1月29日
小野 智華子100m背泳ぎ(視覚障がいS11)北海道1994年10月2日
芹澤 美希香100m平泳ぎ(知的障がい)神奈川県2000年8月13日

水泳選手人気ランキング

写真提供 = Serena Repice Lentini / Unsplash.com

日本には、数多くの水泳選手がいます。そのなかでも、とくに人気が高い水泳選手を男女別で紹介します。

男子水泳選手

男子水泳選手は、これまでのオリンピックで数多くのメダルを獲得してきました。

そんな男子水泳選手のなかでも、とくに人気が高い選手TOP3を紹介します。

1位:北島 康介

北島選手は、2004年アテネオリンピックと2008年北京オリンピックの100m・200m平泳ぎで、金メダルを獲得した選手です。

2大会連続2種目制覇という、日本初の快挙を成し遂げました。

また「チョー気持ちいい」や「なんも言えねぇ」など、数多くの名言を残したことでも有名で、引退した現在でも人気が高い選手です。

2位:入江 陵介

入江選手は、主に背泳ぎを専門とした水泳選手です。

2012年ロンドンオリンピックでは、200m平泳ぎと400mメドレーリレーで銀メダル、100m背泳ぎで銅メダルを獲得しました。

得意とする背泳ぎでは、2つの日本記録を保持しています。

水泳選手らしい筋肉と整った顔立ちで、とくに女性からの人気が高い選手です。

3位:鈴木 大地

鈴木選手は、1988年ソウルオリンピックで100m背泳ぎに出場し、金メダルを獲得した水泳選手です。

日本の競泳としては、16年ぶりの金メダル獲得となり、世間をにぎわせました。鈴木選手といえば、スタート時に潜水で進む「バサロ泳法」が有名です。

引退後も、初代スポーツ長官や大学の特任教授など、様々な分野で活躍されています。

女子水泳選手

女子水泳選手も、オリンピックで数多くのメダルを獲得してきました。

そんな女子水泳選手のなかでも、とくに人気が高い選手TOP3を紹介します。

1位:池江 璃花子

池江選手は、主に自由形とバタフライを専門とした水泳選手です。

個人で、11もの日本記録を保持しています。

2019年に白血病を患い、東京2020オリンピックを断念していましたが、オリンピックが1年延期されたことで出場を目指してリハビリ。2021年の日本選手権では4冠を達成し、東京オリンピックへの出場を勝ち取りました。

国民に勇気と希望を与え、人気が高い選手です。

2位:岩崎 恭子

岩崎選手は、1992年バルセロナオリンピックの200m平泳ぎで金メダルを獲得した水泳選手です。

金メダルを獲得した当時の年齢は、なんと14歳。日本の最年少金メダリストとして、一躍有名となりました。

1998年に引退した後も、競泳のコメンテーターやインストラクターなどで活躍。競泳界を支えてきた立役者です。

3位:大橋 悠依

大橋選手は、個人メドレーを専門とした水泳選手です。

個人メドレーで、4つの日本記録を保持しています。2016年のリオオリンピック選考会では3位で、おしくも代表入りを逃しました。

しかし、2021年の東京オリンピック選考会で200m・400m個人メドレーを制して、初の代表となりました。

笑顔が魅力的で、人気が高い選手です。

まとめ

今回は、オリンピック・パラリンピックに出場する水泳選手や、人気の水泳選手について紹介しました。

歴代のオリンピック・パラリンピックを含め、日本には実力のある数多くの水泳選手がいます。

今後も、日本の水泳選手から目が離せません。

(TOP写真提供 = Serena Repice Lentini / Unsplash.com)


《参考記事一覧》

東京2020オリンピック(NHK)

パラ水泳の内定選手一覧 – 東京オリンピック・パラリンピックガイド(Yahoo!JAPAN)

競泳 (公益財団法人日本水泳連盟)

歴代男子水泳選手人気ランキング!みんなが好きな水泳選手は?(みんなのランキング)

歴代女子水泳選手人気ランキング!みんなが好きな水泳選手は?(みんなのランキング)

 
最新の
スポーツビジネス情報を
お届けします。
HALF TIME 無料会員登録特典

・イベント先行案内
・最新スポーツビジネス情報
・スポーツ関連プロジェクト求人案内

HALF TIME 無料会員に登録