ルームランナーの選び方 ~種類、目的別・メーカー別の選び方のポイントとおすすめ商品を紹介

テレワーク時代には、会社への行き帰りの歩行などの運動時間が節約できる反面、それに代わる運動を取り入れていかなければ運動不足になりかねません。そういうとき、一家に一台ルームランナーがあれば運動不足も解消され、心強い味方になります。この記事ではルームランナーの種類や選ぶポイント、自分の目的に合うおすすめのルームランナーを紹介します。

 ルームランナーとは

 ルームランナーとは、元々は19世紀に刑務所で受刑者の運動不足の解消と同時に行う製粉作業のために使われたtreadmill(足踏み車)が原型で、海外では今でもトレッドミルと呼ばれています。ルームランナーは1976年に国内発売、当初体重計のような室内での足踏み用の機械の名称でしたが、今ではベルトが使われ、ベルトコンベア式の踏み台をモーターを使って動かし、その上を歩いたり走ったりする運動機械です。

 ルームランナーとランニングマシンの違い

 ルームランナーもランニングマシンも共に和製英語です。歩行用の速度の遅いものはウォーキングマシンと呼ばれます。今では特にルームランナーもランニングマシンも同じ意味で使われ区別はなくなっています。

 ルームランナーの長所と短所

 ルームランナーの長所は、室内に機械の置けるスペースさえあれば、天候を気にせず有酸素運動が行え、心肺機能の強化には一定の効果があり、運動不足の解消に役に立ちます。やりたい時に直ぐに取りかかれ習慣化しやすい、交通事故の心配がなく運動ができる、ジムに通う時間やコストが削減できる、機種によっては計測器を使って自分の運動を分析できる、自宅で子供を見ながら行える、テレビやスマホを見るなど他の作業と並行して行える、などがあります。

 一方で短所は、景色の変化がなく飽きやすい、速度の変化をつけにくい、自己管理が必要なのでモチベーションを保ちにくい、家庭での騒音や振動が起こりやすい、ベルトが後方へ自動的に流れその上で走らされる動作であるため、自ずと足を前に蹴り出し地面を走るランニングとは違う、などがあります。その点を踏まえてトレーニングに活用するとよいでしょう。

ルームランナーにはどんな種類がある?

自走式と電動式

自走式は、自らが走ることで動き出すタイプのもので、電源不要で場所を選ばず設置でき、軽量で静音性が高いです。一方で電動式は、電動モーターがベルトを動かすタイプのもので、足の負担は軽減され長時間の運動が可能、本格的なランニングを行うタイプの機種に多いです。

 据え置き式と折りたたみ式

ジムに設置のルームランナーは据え置き式のマシンが一般的ですが、重量もあり場所を取ります。一方、自宅用には折りたたみ式のマシンもあり、日本の住環境に適していて、普段はしまえ、使う時に出してきて使える、という便利さがあります。

 自動プログラム機能や音声ガイダンスのあり・なし

単調になりがちな運動に変化をつけてくれる、自動プログラム機能がついていると、日々の体調や気分など目的別にプログラムを選びやすいです。また、音声ガイダンスがあるとモチベーションのアップに効果があります。

 ルームランナーの選び方

写真提供 = CHUTTERSNAP / Unsplash.com

ルームランナーの選び方のポイントと、目的で選ぶ場合、メーカーで選ぶ場合の特徴について紹介しましょう。①から③は特に重要なポイントになります。

 選び方のポイント

 ①静音性

日本の住環境では、ルームランナー選びでは静音性が真っ先に重要なポイントになります。モーターが静音仕様であるか、できればショップで音を確認できるとよいですね。また、振動や衝撃吸収などの配慮がされているか、体、特に足や膝への負担が少ないクッション性があるかは、静音性にも影響があります。

 なお、床への傷つき防止や、マンションなどで近隣への騒音に気をつけたい場合は、ルームランナー専用の振動防止用マットを併用するとよいでしょう。

 ②機能性

速度機能があると、ウォーキングからジョギング、本格ランまでのトレーニングができます。ウォーキングでは毎時6キロメートル、ジョギングでは毎時10〜12キロ、本格的なランでは毎時16キロ程度の速度が欲しいところです。最高速度は、自分のランニング速度+毎時2キロを目安に、長く使う予定であれば速度に余裕があるタイプがよいでしょう。

 連続使用時間は、運動不足解消程度であれば30分ほどでよいですが、本格的なトレーニングで使うならそれ以上連続して使用できるものがよいでしょう。

 角度調節機能がついているマシンでは、負荷が変えられるためトレーニングに変化がつけやすいです。ダイエットを目的とするなら角度を高くするほど負荷が大きくなり、消費エネルギーが大きくなるため、角度調節のできるタイプが有効です。

 心拍数やカロリー計測ができるタイプですと、ダイエットにおけるモチベーションや、トレーニングでの数値分析に活用できます。また、自動プログラム機能があると、単調になりがちな室内でのトレーニングに変化をつけられます。

 ③価格

価格は大切なポイントですが、本格的なルームランナーになるほど高価になります。ダイエットや健康増進目的なら5万円以内でも十分、本格トレーニングでも使える機能が充実しているタイプですと10万円以上になります。購入者の目的と予算によってどこまで選べるかが決まってきます。どうしても譲れないポイントをあらかじめ決めて選ばれることをおすすめします。

 ④耐久性

ランは機械に負荷をかけます。できるだけ耐荷重の大きい機械がよいでしょう。また、走ることによってベルトがたるんできます。そのことで運動に差支えが出ることもあるため、調整機能があるものや、高価な買い物であるほど出張サービスをしてくれるようなメーカーで買うことも大切です。

 ⑤安全性

電動式のルームランナーで注意したい点は転倒事故です。多くの場合は前にある手すりにしがみつき、姿勢が前傾になって転んでしまいます。初心者の方は手すりが横にあるタイプを選んだ方が姿勢がよくなり、転倒事故を防ぐことにもなります。また、安全停止装置があるものであると安心です。

 ⑥大きさと収納

日本の住環境を考えると、据え置き式のマシンでは大きさが気になるところです。選ぶ際は印象よりも数値を目安に考えましょう。ベルトの長さは自分の歩幅+ 10〜20センチ、ベルトの幅はランでは40センチ以上、グリップが腰の高さにあることが目安になります。ランとなるとベルトの上で飛び跳ねますので、自宅天井との高さも忘れず注意したいところです。

 また、フラットに収納でき、使う時に取り出せるタイプのデザインに優れたルームランナーもあります。目的に合わせて、安定性や耐久性で満足するものであれば選択候補に入ってくるでしょう。

 ・目的で選ぶ

 ①ダイエット

体重がある方にも対応できるように100キロ以上の耐荷重で耐久性のあるマシンがよいでしょう。カロリーなどの計測機能は最低限欲しいところです。

 ②健康維持

ウォーキングやスローランニングを行う目的であれば、最低限の機能のもので十分使うことができます。使いやすく、子供からお年寄りまで家族で年齢層広く使えるものがよいでしょう。

 ③筋トレ

ジムにあるような安定感のある本格的なマシンを選ぶとよいでしょう。最高速度は毎時20キロメートルまで、傾斜角度は15度まであると運動負荷を大きくすることができます。

 ・メーカーで選ぶ

 ①アルインコ

トレーニングからマッサージまで、価格帯も幅広い健康機器のラインナップを展開する会社です。豊富な品揃えで、目的のルームランナーがきっと見つかるでしょう。

 ②バーウイング

ダイエットや運動不足解消におすすめの、低価格ながら使いやすい機器を提供している会社です。耐荷重の耐久性の高い機器も揃えています。

 ③ホライズン

ジムで使うトレッドミルを開発・提供しているジョンソンヘルステックの家庭用機器のブランドです。デザインもよく、耐久性・安定性・操作性に優れた機器を提供しています。

④アディダス

1949年にドイツでシューズメーカーとして起業した会社だけあって、走ることに関するルームランナーも本格的な商品を提供しています。競技者の自宅トレーニングにまで対応してくれるでしょう。

 ⑤リーボック

1895年にイギリスで設立されたスポーツシューズ・衣料品メーカーです。この会社もシューズから起業したことから、ルームランナーも本格的なものを出しています。

おすすめのルームランナーをご紹介!

目的別でおすすめのルームランナーを紹介します。価格面は機能性に優れた本格的なマシンになるほど高価になりますので、あえて制限は設けずおすすめしています。予算に合わせてご検討ください。

 ①ダイエットと健康維持・増進用

 ・アルインコ ジョギングマシンAFJ2019A

5万円以下で購入できる、扱いやすいルームランナーです。12プログラムと音声ガイダンス付き、最大速度毎時10キロ、4・6・8キロの速度調整もでき、幅広の40センチのベルトで安全、家庭用ルームランナーの基本形として考えてもよい充実の機能です。

種類電動式大きさ(cm)幅67×奥行143×高さ121、折りたたみ時奥行68.5×高さ132.5
ベルトサイズ (cm)幅40×長さ110速度最大毎時10㎞
連続使用時間90分耐荷重・重量100㎏・35.5kg
機能・付属品折りたたみ、速度調整、傾斜角度5度固定、12プログラム、音声ガイダンス、タブレットトレイ付

 ・バーウィング 電動ルームランナーMAX12km/h

価格が手頃で耐久性に優れ、走行板に新素材を使い耐久性を高めたルームランナーです。ダイエットに必要な消費カロリーの計測も可能です。

種類電動式大きさ(cm)幅61×奥行139×高さ107、折りたたみ時幅63×奥行69×高さ128
ベルトサイズ (cm)幅39×長さ110速度最大毎時12㎞
連続使用時間45分耐荷重・重量130㎏・31kg
機能・付属品折りたたみ、12プログラム、速度・距離・カロリー計測、傾斜角度3段階に可変、タブレット・ドリンクホルダー

 ・アルインコ 自走式 ウォーカー EXW7019

電源の要らない自走式のウォーキングマシンです。自分が歩くことをやめれば止まるため安全です。電池式メーターに運動時間・距離・消費カロリー・スピードが表示され、ダイエットや健康管理におすすめです。

種類自走式大きさ(cm)幅53×奥行94.5×高さ87、折りたたみ時厚さ39
ベルトサイズ (cm)幅27×長さ75速度
連続使用時間耐荷重・重量90㎏・14kg
機能・付属品折りたたみ、傾斜角度8度固定、電池式メーター付

②本格的なトレーニング用

 ・アディダス トレッドミルT−19x  AVUS-10521-120

4馬力モーターを使い、タッチパネル式のディスプレイで使いやすいルームランナーです。アディダス・ブランドらしくデザインに優れ、傾斜角度も15度まで変えられるため、山道トレーニングも可能です。

種類電動式大きさ(cm)幅87.5×奥行197×高さ154.5、折りたたみ時奥行126.5×高さ166.5
ベルトサイズ (cm)幅51×長さ152速度最大毎時20㎞
連続使用時間60分耐荷重・重量140㎏・132.9kg
機能・付属品折りたたみ、タッチパネルディスプレイ、MP3端子5Wスピーカー、傾斜角度可変15度、27プログラム、心拍センサー

 ・リーボック ランニングマシン iRun3.0 RVIT-10121

1.5馬力モーターを使い、毎時13キロまで速度が変えられるルームランナーです。スピーカーを内蔵し12プログラムおよび心拍数制御プログラムにも対応している、コンパクトなマシンです。

種類電動式大きさ(cm)幅80.4×奥行160×高さ136、折りたたみ時厚さ28
ベルトサイズ (cm)幅40.5×長さ119.5速度最大毎時13㎞
連続使用時間60分耐荷重・重量130㎏・61.5kg
機能・付属品折りたたみ、MP3端子内蔵スピーカー、12プログラム、速度調整、グリップパルスセンサー

・ホライゾン トレッドミル CITTA TT5.0

スムーズな油圧式の折りたたみ機能もついた、デザインに優れた本格的なルームランナーです。VRCクッションが足腰の負担を軽減、心拍数測定、8種類のプログラム、10%までの傾斜調整や毎時16キロまでの速度調整が可能です。

種類電動式大きさ(cm)幅90×奥行181×高さ133、折りたたみ時奥行100×高さ161
ベルトサイズ (cm)幅46×長さ127速度最大毎時16㎞
連続使用時間60分耐荷重・重量115㎏・91kg
機能・付属品油圧式折りたたみ、5.5インチバックライトLCDディスプレイ、8プログラム、着脱式デスクトレイ、マガジンラック付き

③デザインに優れたフラット収納型

 ・アルインコ フラットジョグ AFR1619

2019年度グッドデザイン賞を受賞した、薄型9センチの低床設計のランニングマシンです。バーを折りたたんで収納でき、コンパクトながら4種類のプログラムや心拍測定グリップセンサーもついた本格仕様です。

種類電動式大きさ(cm)幅76×奥行151×高さ101、折りたたみ時厚さ13.8
ベルトサイズ (cm)幅45×長さ125速度最大毎時12㎞
連続使用時間90分耐荷重・重量100㎏・43kg
機能・付属品折りたたみ、一時低速ボタン、4プログラム、ベルト調整可、2種類のキャスター・タブレットトレイ・保護マット付

・ライシン ルームランナー ls-t4000

ウォーキングとランニングの2WAYでつかえる、シンプルでコンパクトなルームランナーです。折りたたんだ厚さが13センチと薄く収納しやすいことに加え、静音仕様で安心です。

種類電動式大きさ(cm)幅57.5×奥行133×高さ104、折りたたみ時厚さ13
ベルトサイズ (cm)幅40×長さ110速度最大毎時12㎞
連続使用時間90分耐荷重・重量100㎏・35㎏
機能・付属品折りたたみ、傾斜角度1.2度固定、LEDディスプレイ、リモコン、スマホホルダー、キャスター付

まとめ

人気のルームランナーについて、種類と目的別・メーカー別の選ぶ際のポイントと、おすすめのルームランナーを紹介しました。

 多くの種類のルームランナーが市場には出ていますので、この記事を参考にして頂き、目的に合ったルームランナーを見つけて日々のトレーニングに役立ててください。

(TOP写真提供 =Ryan De Hamer / Unsplash.com)


《参考記事一覧》

【プロ監修】ルームランナー、おすすめ売れ筋19選【自走式や静音タイプも】 (MOOVOO)

【2022年版】ランニングマシンのおすすめ人気ランキング20選【BTMも】 (gooランキング)

最新スポーツビジネス情報を
もれなくお届けします。
最先端のスポーツビジネスがよくわかる HALF TIME 会員登録特典

・最新情報満載のメールマガジン
・新着求人のご紹介
・イベント情報のご紹介 など

会員登録はこちら